ダイハツ・ハイゼットデッキバン

 

ユーザーの声に答えた実用車の鏡

全く失礼極まりない話だけど、この車を初めて見た時、意味がわからなかった。

だって荷物に特化するなら軽トラの方がいいし、人も運搬したければ普通の軽バンのほうが合理的。

なんでまたこんな間の子みたいな車作ってしまって、需要はあるのかいな?と思ったんですわ。

 

ただ調べていくに連れて、

  • 軽トラにも4人乗りたい
  • 長ものは載せない。だけど汚れものだから室外に置きたい
  • 汚れ物は外に、道具類は室内に置いて分けたい
  • 荷台が使えると、踏み台として便利

とかとか、色んな要望があるんですね。この辺は自分の視野が狭かったと反省しました。

プライベートなら、まぁその辺はいろいろユーザーサイドで妥協・勘案してね♪ってなるかもしれない。

ですが、プロ仕様の商売道具となると、使い勝手がしょぼいとあっという間に売れなくなるのは自明ですね。

 

先日大型犬を載せて走っている姿を見かけました。

「犬を外なんて可愛そう!」

とかいう人がいるかもしれませんが、車苦手な犬も普通にいるわけで、車酔いして吐くわけですよ。極めて合理的な使い方よね。ある意味プロ仕様。

 

因みにこのデッキバンは、何回かモデルチェンジを繰り返しながらも20年以上ラインナップされています。

ライバルのスズキ・エブリィがこの仕様を出していない所からするに、構造上の問題があるか、市場の小さなパイを食い合う事になるので、あえて攻めていないのかもしれません。

 

Twitterでの声

 

四枚目大人気ですね。

 

 

まとめ

先日2017年9月に、ハイラックスが日本市場への投入が発表されましたが、それまでは日本で販売される唯一のピックアップトラックでした。

それがまさかの軽自動車。トールワゴン全盛になったとはいえ、このカテゴリなめてると色んな事を見落としちゃいそうです。

 

で、ハイゼットのフルモデルチェンジでなくなったかと思ったら、どっこい生き残っていました。

特装車の扱いになるみたい。しっかりホームページに掲載されています

 

なお、英語で書くと、HIJET DECK-VANとなるのでなんか妙に格好いい。

 

 

仕様諸元(660 GL)

基本性能

型式 EBD-S321W 最小回転半径 4.2m
駆動方式 FR 全長×全幅×全高 3.4m×1.48m×1.88m
ドア数 4 ホイールベース 2.45m
ミッション 5MT 前トレッド/後トレッド 1.31m/1.3m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m
4WS 車両重量 880kg
シート列数 2 最大積載量 250kg
乗車定員 4名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.16m

エンジン

エンジン型式 KF 環境対策エンジン
種類 直列3気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 40リットル
可変気筒装置 燃費(JC08モード) 17.2km/L
総排気量 658cc 燃費基準達成 H27年度燃費基準
達成車
最高出力 46ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
60(6.1)/4000

足回り

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
トレーリングリンク車軸式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

145R12-6PRLT

145R12-6PRLT

ブレーキ形式

ディスク式

ドラム式

 

 

 

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です