FIAT・500C TwinAir




 

チンクエチェントは日本で売られているだけでもメチャクチャ種類があり、通常グレードの500、コンパーチブルの500C。これらにはすべて標準エンジンとツインエアーがラインナップ。

そしてボディを改造したクロスオーバーの500X、おまけにスポーツグレードのアバルトまで有る。

新型スイフト並みのライナップの広さ。

もう出てから10年以上経つのに、見た目が全然古臭くならないからできる芸当。イタリア人はすげぇなあって心底思う。

 

ツインエアーはなかなかに騒々しいので、好きな人にハマるタイプのエンジンですね。少しづつトラブル対策もされてきてるみたいです。

 

 

 

概要

 

追加の偏見

 

Twitterでの声

 

まとめ

 

主要諸元(ツインエアー ラウンジ)

基本性能

型式 ABA-31209 最小回転半径 4.7m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.55m×1.63m×1.51m
ドア数 2 ホイールベース 2.3m
ミッション 5AT 前トレッド/後トレッド 1.42m/1.41m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m
4WS 車両重量 1050kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 4名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 -m
マニュアルモード
標準色

ファンクホワイト、ラガマフィンレッド

オプション色

エンジン

エンジン型式 312A2 環境対策エンジン
種類 直列2気筒SOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 ターボ 燃料タンク容量 35リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 21.5km/L
総排気量 875cc 燃費基準達成
最高出力 85ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
145(14.8)/1900

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
トーションビーム式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

195/45R16

195/45R16

ブレーキ形式

ディスク式

ドラム式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です