ホンダ・シビックツアラー

概要

ヨーロッパでは根強い人気を誇るステーションワゴン市場において、Cセグメントの市場を確保すべく投入した一台。

5ドアハッチバックの欧州版シビックをベース車両として、リアオーバーハングを235mm延長したツーリングワゴン。日本国内で発売されているジェイドと比較し、一回り小さいサイズになっている。

2015年にフェイスリフトが行われ、1世代前のシビックタイプRと同じテイストのフロントマスクを手に入れた。

ザックス製ダンパーによる「アダプティブ・ダンパー・システム」が採用され、エンジンと連動した3モードのメリハリの聞いた走りが楽しめる。

 

 

追加の偏見

なんでコレを日本投入しないんだ??

と疑問に思った一台。

 

普通にめちゃめちゃかっこいい。コンサバな5シーターだし、荷室も広いし、何よりコックピットが素敵過ぎる。

日本国内で同じカテゴリを守っているジェイドがあまりにも売れていない現状も有り、

「この車を日本で売れェ!!」

そう思った人、少なくないはずです。

ディーゼルエンジンに6MTなんて素敵やん。

 

 

Twitterでの声

 

 

 

まとめ

ホンダは日本国内ではディーゼルエンジンの販売をしていないため、シビックツアラーを日本に導入したら、ガソリン一本槍にせざるを得ない可能性が非常に高いです。現行のセダン&ハッチバックのシビックもそうですが、おそらくHEVに対応できるような設計がそもそもされているとは考えにくいです。

猫も杓子もHEVに電動車でないと商品力の確保が難しくなっている日本の現状を鑑みると、企業判断としては導入しないのは当然の戦略なのでしょう。

イギリス生産の贅沢なワゴンですが、500万円払うとなると…。

 

俺はアウディ買うかなぁ。。。

 

 

主要諸元(Honda Civic Tourer 2015 EX Plus

搭載エンジン i-VTEC 1.8L ガソリン
ハンドル
ドア数 5
カラー ミラノレッド(STD)
アラバスターシルバー(OP/MTL)
ブリリアントスポーティブルー(OP/MTL)
クリスタルブラック(OP/PRL)
ゴールデンブロンズ(OP/MTL)
パッションレッド(OP/PRL)
ポリッシュドメタル(OP/MTL)
トワイライトブルー(OP/MTL)
ホワイトオルチド(OP/PRL)
全長x全幅x全高 4590x1770x1480mm
ホイールベース 2595mm
トレッド(前/後) 1530mm/1530mm
車両重量 約1380kg
乗車定員 5名
トランスミッション 5AT
エンジンタイプ 水冷直列4気筒SOHC16V i-VTEC
総排気量/内径x行程 1798cc/81×87.3mm
圧縮比 10.6:1
最高出力 104kw(142ps)/6500rpm
最大トルク 174Nm(17.8kgm)/4300rpm
燃料タンク容量 50L
燃費 約15.2km/L(欧州複合基準)-
ブレーキ形式(前/後) 前:ベンチレ-テッドディスク/後:ディスク
タイヤ/ホイール 225/45R17 / 17インチ軽合金
最高速度 205km/h
0-100km/h加速 11.4秒

 

以下、ディーゼルエンジン仕様のSPEC

トランスミッション 6MT
エンジンタイプ 水冷直列4気筒DOHC16V i-DTEC
総排気量/内径x行程 1597cc/76x88mm
圧縮比 16:1
最高出力 88kw(120ps)/4000rpm
最大トルク 300Nm(30.6kgm)/2000rpm

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です