ホンダ・CR-Xデルソル

 

 

概要

1992年3月6日に発売。ペットネームとして「デルソル(delSol)」の名称が付いた。

それまでのハッチバックスタイルから、スイッチ操作のみで屋根をトランクルームの専用ホルダーに収納できる『トランストップ』と名付けられた電動オープンルーフが最大の特徴。

ベースはシビック。SiRグレードはCR-X史上最高の170馬力を発揮。

販売は世界的に見ても振るわず、5年程度で生産終了となった。

 

 

追加の偏見

何も言わずに、この動画を見て欲しい。

まったく、コレが技術の無駄遣いやで。

 

トヨタのセラがだいぶ技術の無駄遣い的なことをやっていますが、コレも大概だと思います。

わざわざトランク開けるエレベーター作る必要があるし、引き出し的に出し入れするアタッチメントの剛性も結構必要。あんなデカイ蓋が上下するからシール部材も専用で作る必要があり、量産効果も見込めない。

コレをスペシャリティ市場が縮小してきた、92年に出すあたりがホンダのやばい所。

 

「CR-X」の画像検索結果

そもそもCR-Xというブランドネームが、軽量コンパクトで薄氷を踏むような危うさを持つ小型クーペだったわけで、

「なんかチャラけた車になったなぁ」

と思った人も多かったと思います。あと丸目と標準ライトを複合させた4灯も、好き嫌いが別れる要因になったと思います。(後期型はシビックとほぼ同じ顔に)

 

ただ先述の通りSiRは170馬力を発揮し、標準グレードでも1.5Lで130馬力出てるんですよね。太いBピラーと後部が強化されて、先代のペナペナボディと比較したら見違えるほど頑丈にはなっている車体。実際走ったら意外とスポーティーなようで、不満はないと思うんですよね。。

まぁより潰しがきく名車のEGシビックが居ましたし、北米市場もシビッククーペと食い合って負けてしまったため、世界的に売れなかったみたいですね。

中古市場では数が少なく、カスタム済みの車も多いです。低走行のノーマル車両は、比較的高値がついているみたいです。

 

 

 

Twitterでの声

まとめ

今見てもこの機構は斬新です。他の追随を許さない物があります。

90年代前半の奇抜なカラーリングが特徴で、2005年位には「何だこれ。。」って言う感じだったんですが、販売終了から20年も経つと、逆に新鮮に見えてくるものですね。

 

ちなみに先日マニアが大切に保管していた個体がオークションに出て、ちょっとした話題をさらっていました。

18556568_1244002919031667_1363516273588528831_o

日本のまとめ記事:http://www.kattobi-japan.com/archives/16107236.html
元ネタのFacebook記事:https://www.facebook.com/JapaneseClassicsLLC/posts/1244011359030823 

 

すんげー綺麗ですね。

価格:$12,495 ≒ 150万円

日本でこの値段だったとしても、買う人いるかもね。

 

 

主要諸元(1.6 SiR)

基本性能

型式 E-EG2 最小回転半径 5.1m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.01m×1.7m×1.26m
ドア数 2 ホイールベース 2.37m
ミッション 5MT 前トレッド/後トレッド 1.48m/1.47m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 0.87m×1.36m×1.04m
4WS 車両重量 1100kg
シート列数 1 最大積載量 -kg
乗車定員 2名 車両総重量 -kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.14m
マニュアルモード

エンジン

エンジン型式 B16A 環境対策エンジン
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 燃料タンク容量 45リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 13.6km/L
総排気量 1595cc 燃費基準達成
最高出力 170ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
16/7300

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ダブルウィッシュボーン
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

195/55R15

195/55R15

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

 

 

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です