ホンダ・HR-V




 


新車販売当時もそこそこ売れていたみたいだけど、あとになってからシンプルなデザインがどんどん評価された車。

SUVが大流行の2017年現在で見ても、ココまで独創的なデザインをしている車両はぱっと思いつかない。

ホンダ製のCVTが最初期に搭載されている。トルコンが付いておらず多板クラッチを使うというチャレンジングな設計で、じんわり加速を許さない力強い飛び出しを見せる。欲言えばダイレクトな加速、悪く言えばカックンがひどい。ジェットフィールハイランダーとはよく言ったもんだ。

 

ちなみに最初は3ドアのショートボディのみの販売で、後にマイナーチェンジが入り5ドアが追加された。

過疎極まりない2chのHR-Vスレでは、3ドア信者と5ドア派閥で血が流れる大論争が巻き起こり、「ドアの枚数の話は禁句」というテンプレが出来ている。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です