ホンダ・ストリームRST




 

概要

2009年6月18日、 マイナーチェンジを実施し、新たに追加されたグレード。

優れた加速性能とスポーティなエクステリアを採用した2列シート仕様として設定。1.8Lと2Lの両方に設定。

2列シート仕様は、近年日本市場で少なくなった5ナンバーサイズの手頃なワゴンを望む層の需要に対応する意味合いもある。事実エアウェイブが生産終了し、フィットシャトルが発売される迄の約1年間は、ストリームRSTとTSがホンダ唯一の5ナンバーステーションワゴンだったことも有った。

 

追加の偏見

顔面が少しやんちゃになって、椅子が2つなくなった二代目ストリームRST。

ルックスは結構好き。マイナー前に比べてかなり洗練されている。走りも相当良いらしい。

 

でも売れなかった。。

カジュアルにスポーツできる車というのはとてもいい着眼点だと思うし、ホンダなりに試行錯誤はしたものの、市場はコレを求めていなかったんでしょうね。時代化。。

3列目潰した分は、そのまま荷室高さが高くなっちゃってたり(実は蓋になってる)、細かい所でいびつさが残っちゃうのもマイナスなのかなぁ。

 

後継のジェイドさんには、5座にしてターボエンジンでも乗っけてくれたら・・・ 売れないか・・・。

MT搭載しても、焼け石に水だろうなぁ。。

 

 

Twitterでの声

まとめ

ちなみに2代目ストリームは3回マイナーチェンジをしていて、2回めのマイナーチェンジで追加され、3回目のマイナーでRSTは消えてます。まぁこういうグレードが出てくることからして、ストリーム自体が結構苦戦していたんだろうなぁ・・・という感覚を受けます。最初は結構売れてたんだけどね。

ちょうど2010年前後の燃費戦争に巻き込まれて、さほど燃費面でのアドバンテージが無いストリーム自体かなり苦しかったんでしょう。ウィッシュに押され、トヨタも身内を殺す覚悟でプリウスαなんか出してきたんで、太刀打ちできなくなったんでしょう。

 

ちなみに学生・新社会人にオススメ!という下りで紹介した特集記事にも、ストリームは登場しています。が、このRSTだけはちょっとだけ値段が高いですね。2回めのマイナーチェンジ後中期型となって、駆動系やデザインの粗が潰されているのがポイントなのかな。

このあとのマイナーチェンジ後はストリームは2人がけ☓3列の6人乗りになってしまったので、中期型の人気が高いのも災いしているのかも。

 

でも100万円以内で十分狙える車ですので、比較的安価なスポーティーワゴンを希望されている方は、ぜひ候補に入れてみてくださいませ。

 

 

主要諸元(2.0 RST)

基本性能

型式 DBA-RN8 最小回転半径 5.5m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.57m×1.7m×1.55m
ドア数 5 ホイールベース 2.74m
ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.47m/1.47m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.88m×1.46m×1.25m
4WS 車両重量 1400kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.15m
マニュアルモード
標準色

ポリッシュドメタルメタリック、クリスタルブラック・パール、コバルトブルー・パール、パッションレッド・パール

オプション色

プレミアムホワイト・パール、プレミアムミスティックナイト・パール、スーパープラチナ・メタリック

エンジン

エンジン型式 R20A 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆
種類 直列4気筒SOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 55リットル
可変気筒装置 燃費(JC08モード) 14.2km/L
総排気量 1997cc 燃費基準達成 H22年度燃費基準
+10%達成車
最高出力 150ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
190(19.4)/4200

足回り

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

205/55R17

205/55R17

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です