マツダ・ビアンテ




 


特に初期型は、何がどうしたらこうなってしまうんだろうという、強烈なルックスが特徴。この押し出しの強さはジュークを超えている。実験をしたかったのかと思いきや、どうもある程度売れると見込んでいたらしい。

ビアンテ BIANTE」とは、「周囲を取り巻く」「環境」を意味する英語の「Ambient アンビエント」から来ている造語らしい。コレもあんま直感的じゃない。

 

この頃のマツダは、実質5ナンバーだけど走行安定性を高めるために車幅だけ3ナンバーにします~ なんて事をやっていた。今ほど「走り」と言うものをユーザーが意識していないタイミング、しかもプリウス・アクアによる燃費戦争本格化前夜の時期に、「職人気質丸出しの車両コンセプト」は受け入れられるはずもなかった。

 

現在は調子がいいマツダだが、社長も「今はたまたま、自分たちのものづくりの考え方が世の中に受け入れられているだけ」ともコメントしている。

慎重かつ大胆に。言うのはかんたんだけど、頑張って欲しいと思う。

 

 

 

 

概要

 

追加の偏見

 

Twitterでの声

 

まとめ

 

主要諸元(2.0 20C スカイアクティブ)

2

基本性能

型式 DBA-CCFFW 最小回転半径 5.4m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.72m×1.77m×1.84m
ドア数 5 ホイールベース 2.85m
ミッション 6AT 前トレッド/後トレッド 1.53m/1.52m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 2.99m×1.55m×1.35m
4WS 車両重量 1660kg
シート列数 3 最大積載量 -kg
乗車定員 8名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.15m
マニュアルモード
標準色

ストーミーブルーマイカ、ブリリアントブラック、ラディアントエボニーマイカ、クリアウォーターブルーメタリック、アルミニウムメタリック

オプション色

クリスタルホワイトパールマイカ

エンジン

エンジン型式 PE-VPS 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 60リットル
可変気筒装置 燃費(JC08モード) 14.8km/L
総排気量 1997cc 燃費基準達成 H27年度燃費基準
+20%達成車
最高出力 151ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
190(19.4)/4100

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
マルチリンク式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

205/60R16

205/60R16

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です