マツダ・ボンゴ

 


地味な商用バンだったのが、某ビデオのせいで一部界隈でとても有名な車になってしまった(厳密にはあれはフレンディだけど)

真面目な話をすれば、5チャンネル化が巻き起こした「クロノスの悲劇」の際、コンスタントに売れていたのはボンゴなどの商用バン・トラックだった。あとはせいぜいキャロルとかの軽。

ボンゴがいなかったら、あの時のマツダの惨状はもっと酷いものになっていたかもしれない。

そんなことをフォロワーさんが話されていて、膝を打った次第です。

 

 

 

概要

 

追加の偏見

 

Twitterでの声

 

まとめ

 

主要諸元(1.8 DX 低床)

基本性能

型式 ABF-SK82V 最小回転半径 4.3m
駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.29m×1.64m×1.85m
ドア数 4 ホイールベース 2.22m
ミッション 4AT 前トレッド/後トレッド 1.42m/1.39m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m
4WS 車両重量 1320kg
シート列数 2 最大積載量 750kg
乗車定員 6名 車両総重量 2150kg
ミッション位置 コラム 最低地上高 0.17m
マニュアルモード
標準色

オプション色

エンジン

エンジン型式 F8 環境対策エンジン
種類 直列4気筒SOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 53リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 9.4km/L
総排気量 1789cc 燃費基準達成
最高出力 95ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
135(13.8)/2500

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ウィッシュボーン式
車軸式半楕円板ばね
高性能サスペンション

タイヤサイズ

165R14-6PRLT

165R14-8PRLT

ブレーキ形式

Vディスク式

ドラム式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です