マツダ・CX-7





やたらスポーティーなルックスだなぁと思っていたら、ベースがアテンザと知って納得。

売れ行きはあまり芳しくなかったようで、実際あまり見ない。

アッパーミドルSUVで、当時のライバルはハリアーとかCR-Vとか。あいつらと殴り合うには、スポーティーとかに振るしか無いよね。そんなに色々マツダさんエンジン持ってないし。

 

この馬力を叩き出すエンジンが載るSUVとして考えたら、走行2万キロで支払総額150万円とかいう破格の安さで取引されている。

まぁ内装の高級感とかは乏しいから、適正価格なのかもしれないけれど。。

気に入ったら買いな車だと思います。

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です