マツダ・ユーノスロードスター




 

アメリカで試作車を走らせていたら、車好きのおっさんが追いかけてきて、

「何だこの格好いいマシンは!今すぐ売ってくれ!」

と懇願されたというのは有名な話。

 

未だに乗ってる人多くて、新たにあえて買う人も多いんだよなぁ。

もう30年近く前の旧車でッセ。

でも乗ったらゴーカートみたいな乗り味にやられちゃうんだよね。余裕合ったら1台手元にずーっとおいておきたい気持ちは本当によく分かる。

 

それから、マツダ自身もロードスターのレストアプランを正式に発表して、まずはタイヤをラインナップするらしいです(参考記事)。

車を大切に乗るという文化を、車会社自体が応援してくれる時代になりつつ有るのはとても嬉しい事。

というかそういう人を相手にして、文化としてカルチャーを育てていかないと、車業界自体ジリ貧ですからね。

 

何とかして上手くいって欲しいです。

 

 

 

概要

 

追加の偏見

 

Twitterでの声

 

まとめ

 

主要諸元(1.8 Vスペシャル)

基本性能

型式 E-NA8C 最小回転半径 4.6m
駆動方式 FR 全長×全幅×全高 3.96m×1.68m×1.24m
ドア数 2 ホイールベース 2.27m
ミッション 5MT 前トレッド/後トレッド 1.41m/1.42m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 0.94m×1.32m×1.03m
4WS 車両重量 990kg
シート列数 1 最大積載量 -kg
乗車定員 2名 車両総重量 -kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.14m
マニュアルモード
標準色

ブリリアントブラック、シャストホワイト、ネオグリーン

オプション色

エンジン

エンジン型式 BP-ZE[RS] 環境対策エンジン
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 48リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 12km/L
総排気量 1839cc 燃費基準達成
最高出力 130ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
16/4500

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ダブルウィッシュボーン
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

185/60R14

185/60R14

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です