三菱・ディアマンテ




かっこよかった90年代の三菱デザインの権化

個人的に三菱といえばこの車が頭に思いうかびます。

厳密に言えば、このディアマンテやギャラン・レグナムなどの、直線的で重厚感の有るスポーティーさを表現したデザイン。これが脳裏にこびりついているんだ。

だから、2代目アウトランダーとかミラージュ、ランサーセダンとかの丸っこいデザインが広まっていった時、どうしちゃったんだろうと心配になったのを覚えています。

 

幼心に、大きくてかっこいい車だなぁと思っていたこのディアマンテ。おとなになってから改めて調べると、3ナンバー時代を見据えた大博打だったんだと知り、あの時は多くの人が「大きな車だなぁ」&「コスパがいいから欲しいなぁ」と感じたんだろうと推察します。

まぁグリルのデザインは完璧にBMWのオマージュですね。BMWが六本木のカローラと言われていた時代ですから、その神通力をあやかりたかったのかもしれません。

下記の諸元は3L V6のものですが、それでも210馬力に落ち着いています。当時のFFだからこんなもんか。まぁぶっ飛ばす車じゃないからね。

安価で売れたとか、3ナンバーが税制的に優遇されたタイミングと重なったとか、そういう大人の理由ってのはよくわからなかったはず。

でも子供心にも響く、分かりやすいかっこよさがあったのは間違いないです。

当時親父がチェイサーに乗っていて、近所の人がこの代のディアマンテに乗っていたんですが、大きいなぁ車だなぁと思った記憶があります。

 

日本中が見栄を張りたいという時期だったので、そういった層にベストマッチだったんでしょうね。

2リッターでもV6を搭載し、アクティブサスペンションや4WSまで搭載。革張りシートはもちろんのこと、スピーカーの音質も上質。

日本カー・オブ・ザ・イヤーも獲得して知名度が上がり、おまけに安価と来たものだから、三菱のカープラザにはパジェロとこの車を買い求める人で長蛇の列ができたといいます。

まあその数年後、この車に端を発したセダンの大型化に乗らず、5ナンバーサイズで出力を上げてきてバカ売れした車もありましたね。バブル崩壊による、堅実嗜好という波に乗って。

狙ったのか結果的なのかはわかりませんが、時流に乗るというのは本当に大事ですね。

Twitterの声

まとめ

僕はこの車から、エレガントさとか気品みたいなのが漂うのを感じます。

三菱はもともと銀行や商事などの一流エリートが乗る車も作っていたわけで、高級車作りのノウハウは非常に高いものがありました。リムジン然り、デボネア然り。

「プレセア」の画像検索結果

しかしこの時代は、ホンダのアコードインスパイアとか、日産のプレセアとか、かっこいいセダンが多いですね。

今は世界的には空前のSUVブームです。そして国内ではミニバンからプチバンや軽へのダウンサイジングが起こっています。

セダンは世界的に売れていません。いまやセダンを買うのは、金持ちか、営業車、もしくはセダン愛好家っていうかなり生粋の車好きか。

さらに、セダンをベースにフレーム・プラットフォームを決めていた時代はもうとうの昔。
コンパクトカーからDセグクラスまで賄う「統合プラットフォーム」で、あらゆる車を同時に作っていく時代です。

セダンはまさに憂き目。なくてもいい子。今後もその流れが変わることはしばらく無いでしょう。

でもこのディアマンテみたいなかっこいいセダン、ハッとするルックスのセダンが現れたら、潮目が変わったりすることがあるのかもと思っています。ヨーロッパを中心に、クーペライクなセダンが浸透してきていて、富裕層を中心に盛り返す機運も感じられます。

美しい車

エレガントな車

そう呼ばれるようなセダンが、この日本からと出てきてほしい。

このディアマンテの記事を書きながら、そう思うのであります。

 

 

 

諸元(3.0 30R-SE)

基本性能

型式 E-F17A 最小回転半径 5.6m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.74m×1.78m×1.4m
ドア数 4 ホイールベース 2.72m
ミッション 4AT 前トレッド/後トレッド 1.54m/1.53m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.86m×1.45m×1.14m
4WS 車両重量 1610kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 -kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.16m

エンジン

エンジン型式 6G72 環境対策エンジン
種類 V型6気筒DOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 燃料タンク容量 72リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) -km/L
総排気量 2972cc 燃費基準達成
最高出力 210ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
27.5/3000

足回り

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
マルチリンク式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

205/65R15

205/65R15

ブレーキ形式

Vディスク式

Vディスク式

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です