日産・スカイライン(V35)




 


この車を見たときは衝撃を受けました。そして理解するのに時間がかかりました。

GT-Rが出て、それから7年くらい経過してから、ようやくこの車の意義みたいなのを理解できてきたような気がします。

 

あまりに急な方針転換だっただけに、ユーザーの拒否反応は相当なものでした。

名前は残しつつ、今一番求められているものにブランドチェンジする。

そしてそれをぶらさない。

 

今思えば、例えばこの車のスポーツバージョンとか、R-SPEC的な物を作らなかったのは本当に英断だったと思います。

そもそも売れたかどうかわからないし、最高峰のGT-Rとの差別化も、すごく中途半端になったはずです。

 

猛烈な批判が来るのをわかった上で、信じて決断した当時の経営陣には、見習うところが多いと感じています。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です