親子関係のしこりについて

こういった質問が来ました。

だから真面目な話するね。

 

 

前提条件

ちょっと情報少なくて、前提がわからないから自分の方で決めちゃうんだけど、

 

  • 親御さんが質問者の車を運転してぶつけてしまった
  • もしくは、停まっている質問者の車に、親御さんが運転する車がぶつかってしまった。
  • 状況証拠などから上記のどちらかが、ほぼ確定している。
  • 本人に聞いてみても、「知らない 」 と応えている

 

こういう前提で話をします。

 

思い込みとか勘違いだった場合は、以下の流れでのやり取りは絶対使わないでくださいね。

確定した場合のみね。

 

 

対応策

基本的には膝を突き合わせてお話をするべきかなと思います。

こういう事って結構後を引くし、親子の関係にものすごく悪い種を残すと思うので、しっかりと解消しなければならないと思っています。

 

嘘を付かれたり、騙されたり、不誠実な対応をされたことの思い出とがずーっと尾を引いて、関係がギクシャクすることを、何度も見てきました。

 

親子関係もそうですし、仕事仲間、友達関係もそう。

誠実さとか素直さに欠けた対応をされると、順調にいくはずだった事がダメになることも多々あります。

 

こと今回は親御さん発の話です。

かなりエネルギーを消費したり、心理的負荷は高いと思います。でも、だからこそ、僕は早いうちに解消スべきだと思うのです。

僕の勝手な想像になるんですが、こういった親御さんとのトラブルって、おそらく初めてではないんじゃないでしょうか?

もしそうだったら尚の事、しっかり親御さんと向き合ってください。

 

 

やり方

認めたがらない理由はいろいろあるでしょうし、細かい理由によって対応も変わってくるんですが、、、

 

まずは親御さんと一緒に話す時間を設けましょう。

そして、「車をぶつけてしまったことを認めて欲しい」ということを伝えましょう。

 

その際、親御さんのミスを問い詰めたり、(ぶつけた程度にもよると思いますが)弁償しろという事は言わないでください。

質問者さんも、親御さんに弁償してほしいということよりは、むしろ嘘を付かれたり、はぐらかされたりしている事に困っているのではないでしょうか。

もし質問者さんが弁償して欲しいと考えていたとしても、状況が状況なので、言わないほうがベターだと思います。

 

 

以下のような流れでお話をしてみてください(仮にお父さんとします)。

  • 自分はあの車をとても大切にしている
  • ずっと愛情を持って接してきた
  • そんな車が傷ついてしまって、今自分はとても悲しい。

 

  • お父さんが運転していて、傷つけてしまったのじゃないかと思っている。
  • 理由は~~~~~だから。
  • 自分はお父さんが運転していて傷つけてしまったことについては何とも思っていません。
  • お父さんが認めなくて、知らんぷりしていることがとても悲しい。

 

  • 今までお父さんには僕を育ててくれて、とても感謝しています。
  • 色んな事をしてくれいた。
    • (具体的なエピソードを何個か上げて、感謝の気持ちを伝えると良いです)
  • そんなお父さんが、嘘をついているのは本当に嫌です。
  • 本当のことを言って欲しいと思っています。

 

  • このままの状態で、もやもやしたり、お互いにしこりをもったまま過ごすのは、僕は嫌だしすごく悔しいです。
  • 修理は自分のお金でします。
  • お願いです、本当のことを言ってください。

 

 

 

要点

ポイントは、冷静さを保ちつつ、自分の今の心情を率直にわかり易い言葉で伝えること。

嬉しい、悲しい、悔しい

そういった、自分の気持を表す言葉を、しっかり相手に投げかけてください。

自分の正当性や、相手の瑕疵(間違い)を追求すると言うより、自分の気持をわかってほしいというスタンスでまっすぐ向き合いましょう。

 

場合によっては、相手が逆上してきたり、生意気だ!とか言われる事もあるかもしれません。

特にこういうシビアな、というか真面目にお互いの気持を真っ直ぐにぶつけ合う場って、慣れていないと非常に強いストレスを感じます。逃げ出したくなるんです。

そういった場合においても、呼応して逆上することは絶対にせず、努めて冷静に「本当のことを言って欲しい」というスタンスを崩さないようにしましょう。

 

 

まとめ

親子でおたがいの気持ちを正直にぶつける。

こんな事って、普通あんまりやらないですし、慣れていないと難しい部分もあります。

 

でも、こういったトラブルがあった時って、それまでの、そしてこれからの両者の関係性を左右する、大事な節目だと思います。

だからこそ、こういったトラブルとして表面化しているんだと思います。すごく重要なタイミングです。

質問者さん、そして質問者さんの親御さん両方が乗り越えるべき課題だと思います。

 

ここをなぁなぁでやり過ごしてしまうと、後から修復するのはすごく大変だと思います。小さなしこりがだんだん大きくなって、最終的に取り返しがつかないレベルになリます。

先にも書きましたが、そういったこと、いっぱい見てきたし、いっぱい経験もしてきました。

 

苦しいと思いますが、頑張って乗り越えてください。

終わったら報告していただけると嬉しいです。

 

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です