ルノー・アヴァンタイム




 

合理性と変態性の極み

ルノーのエスパスという、本当にエスティマみたいなミニバンをスペシャリティーカーに仕立て上げた車。カテゴリは、クーペスポーツ・スペシャリティカーとなるらしい。まぁこの手の区分は作ったもの勝ちなのだけど。

荷室も大して広くなく、巨大な空間を大人4人が優雅に過ごすための移動空間として設計された車です。それが市場に出てしまった。

新車価格500万円。いくらフランス車といえども、こんな変態じみた冒険はもうできないでしょうなぁ。

不人気車両好きの自分としては、琴線揺らされまくって大好きですね。欲しい。真面目に欲しい。だいぶ値段も落ちてきたし。

 

でも、なんでまた2枚ドアにするかね。。

まぁ4枚ドアだったらただの変わった形のミニバンですからね。個性が薄いといえば薄い。

 

 

関連画像

で実は、映画トゥモロー・ワールドという作品でアヴァンタイムが出ていて、コレはなんと4枚ドアに改造されています。

普通に走っているので、こんな仕様もあるのかと驚いたのですが、どうやら映画だけの特別車両だそうです。

全く違和感がありません。

映画の大道具さんって凄いです。

 

諸元(ベースグレード)

基本性能

ボディタイプ クーペ・スポーツ・スペシャリティ
ドア数 3ドア
乗員定員 5名
型式 GH-EL7X
全長×全幅×全高 4660×1835×1630mm
ホイールベース 2700mm
トレッド前/後 1540/1550mm
室内長×室内幅×室内高 —-×—-×—-mm
車両重量 1790kg
駆動方式 FF
トランスミッション 5AT

 

エンジン

エンジン型式 L7X
最高出力 207ps(152kW)/6000rpm
最大トルク 28.5kg・m(280N・m)/3750rpm
種類 V型6気筒DOHC
総排気量 2946cc
内径×行程 87.0mm×82.6mm
圧縮比 10.9
過給機 なし
燃料供給装置 マルチポイントインジェクション
燃料タンク容量 80リットル
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

足回り

ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) マクファーソンストラット/コイル
サスペンション形式(後) トーションビーム/コイル
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 235/50R17
タイヤサイズ(後) 235/50R17
最小回転半径 —-m

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です