ショートレポート:部品メーカーの通勤車両

20分間という時間を区切って、勢いに任せてレポートを書きます。

再チェックとかしないので、変なところがあったり誤字脱字有ると思いますが、そこは大目に見てください。

 

 

今回のテーマ

本来でしたら、近未来の車の続きについて書きたいところなんですが、、、

あれはまとまった時間が取れないと書けない代物。その上最近、乳飲み子の長男が「遊んで~」とコトバニナラナイ言葉発してぐずって来るので、余計に掛けずに1週間近く立ってしまいました。

頑張って書くので待ってくださいね。

 

で、今回のテーマは、

「部品メーカーの通勤車両ってどんな感じなの?」

っていうテーマです。

(せっかくなので、完成車メーカーさんの話も、聞いたことが有るレベルでお伝えしますね)

 

 

部品メーカーの場合

うちはとある完成車メーカーさん(仮にQ社)と強い協力関係に有ります。

 

ですので、基本的にそのメーカーさんの車に乗っていないといけない、という暗黙のルールが有りました。

ただ昔ほどはひどくないですね。昔は他社の車に乗っていると、「Q社の車買えよ」ってボーナスごとに上役の人から言われたり、「乗ってないと査定下げるから」とか平気で言われたりしていました。

ただそれって労働基準法に明確に違反して、証拠持って労基局に持ち込めば一発アウトな案件です(仕事以外の部分でその人を評価した的な)。そんなわけで、最近はかなり自由になりました。特に買え買えは言われません。

あ、駐車場は別です。Q社の車は会社の近く。他社は遠い(とは言え歩いてMAX+5分位)

 

これは会社ごとで全然様子は変わってくるでしょうね。

どのくらい手広いメーカーさんとの取引があるかとか、そういうのでかなり状況変わってくると思います。

 

 

完成車メーカーさんの場合

世界最大の企業さんは、特に指定がないというめっちゃ太っ腹な噂を聞いたんですが、どうなんでしょうか。

 

その他のメーカーさんは、基本的に自社メーカーを使うこと。特別な理由がある場合は、条件付き絵認めるとか。そんな感じの話を聞きました。

派遣従業員の人は、流石にすぐ買うことは出来ないと思うので、他社の車だったらちょっと遠くの駐車場に停めるというやり方。

小さなメーカーほど締め付けが厳しいような気がします。浜松のところとか凄いらしい。あと群馬のところも。

大きいメーカーほど、「他のメーカーと比べないと勉強できないからね」という理由で、乗ってきてもいいよというルールがあったりするみたいです。

 

あと全メーカー共通だと思うのですが、役職者とか管理職クラスになると、通勤車は軽自動車で、家にはドイツ車が停まっているというのが常なんだとか。

買うのはその人の自由だし、気持ち分からないでもないけれど、フラッグシップモデルがそれなりのやつなメーカーだったら自社製買えよな~って思う気持ちもある。

色々知りすぎてて買うの嫌なのかもしれないけれどね。でも自分のメーカーに、仕事に誇りを持って、自社製品買えないってのは車メーカーの病理の一つかもしれないよなって思ったりもするんですわ。

 

 

おわりに

はい、20分立ったので、コレで終わりにします。

こんな感じで、折を見て簡単なテーマでショートレポート書いていきます。

 

また宜しくお願いします。

 

 
 

偏見レポートの一覧へ戻る

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です