スバル・サンバー

 

 

概要

1961年に発売された初代から2012年(平成24年)4月1日まで販売されていた6代目モデルまで同社が自社開発、および自社生産を行っていた。7代目以降はダイハツ・ハイゼットのOEMとなり、ダイハツ工業が生産している。

スバル生産時代は、モデルチェンジを繰り返しつつも、リアエンド床下にエンジンを横置きに搭載した「リアエンジン」レイアウトを採用してきた。

特に積空差の大きい軽トラックにとっては、荷台の床下にあるエンジンは恰好のバラスト役を果たすことから、空車時でも十全なトラクションが確保され、安定した走行、登坂能力を得ている。

さらに日本においては乗用車でも普及していなかった四輪独立懸架を1961年の発売当初から採用している。

 

 

追加の偏見

技術の変態集団スバルが作り上げた、コダワリまくった軽トラック。

一口に軽トラと言っても色々有るんだよ~、という説明をする時に、いの一番に出てくるのがこいつ。

 

まさか荷台の下にエンジン積むとはね。そして直列4気筒。整備性とか部品代とか、そういう事は考えないわけではないでしょう。だけど、自分たちが決めた「こうでなければいけない!」という強い意志を通す。そうでなければ、この仕様を続けることは出来ませんて。

 

概要にも書いたけど、RRなのは、空荷の時でも後輪のグリップを確保するためらしい。実際爺ちゃんも、「スバルのは、あぜ道を登る時によく粘っていい」と言っていました。

 

とくにSEPC厨の心を輝かせてやまないのが、スーパーチャージャーエンジンの存在。

搭載グレードの出力は58馬力、トルクに至っては7.5kgを叩き出す。エンジン回転に比例してぐりぐり飛び出していく様は、まさに驚くほど速い。あと音がいい。

扱いやすさなどに関しては、ダイハツ時代となってからのターボのほうが洗練されている。また数値的な馬力、パワーウェイトレシオ等もダイハツ時代のほうが高い。しかしながら、

「スーパーチャージャー」

というメカメカしい言葉の持つ魅力とメカノイズ、そして後軸を蹴飛ばして走っているんだ!という感覚は、チープなステアリングを握るものから脳汁を溢れさせるに十分なエネルギーを持っていると思う。

 

 

 

Twitterでの声

 

まとめ

先述のTweetに膝を打ちました。たしかに農家の人は使っているのをよく見るが、漁業関係者はハイゼットやキャリイが多かった。

「RRだと塩水がエンジンにかかってオシャカになるからだめ」

この発想はなかったなぁ。かなり面白い情報でした。たしかに塩水ジャバジャバかかるもんね。

 

Tweetにも書きましたが、農作業の手伝いをする際に荷台に乗ったり、部活の送り迎えをしてもらったり、雨の日自転車を荷台に乗せて高校まで迎えに来てもらったりと、サンバーにはお世話になりました。じいちゃんは3,4,5代目と乗り継いでいましたが、個人的には4代目の思い入れが深いです。子供心に、「牛みたいな色だなぁ」と思っていた記憶が蘇ってきました。

皆に愛されたサンバー。軽トラ史、いや車史に燦然と輝く車両であることは、間違いないと思います。

 

主要諸元(2005年11月~2008年6月生産モデル 660 TB 三方開 4WD)

基本性能

型式 LE-TT2 最小回転半径 3.9m
駆動方式 4WD 全長×全幅×全高 3.4m×1.48m×1.82m
ドア数 2 ホイールベース 1.89m
ミッション 5MT 前トレッド/後トレッド 1.28m/1.28m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) -m×-m×-m
4WS 車両重量 780kg
シート列数 1 最大積載量 350kg
乗車定員 2名 車両総重量 -kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.19m
マニュアルモード
標準色

オプション色

エンジン

エンジン型式 EN07 環境対策エンジン H12年基準 ☆☆
種類 直列4気筒SOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 40リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 17km/L
総排気量 658cc 燃費基準達成 H22年度燃費基準
達成車
最高出力 48ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
58(5.9)/3200

足回り

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
セミトレーリングアーム式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

145R12-6PRLT

145R12-6PRLT

ブレーキ形式

Vディスク式

ドラム式

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です