スズキ・スプラッシュ

 

概要

スズキが2008年に発売した小型トールワゴンである。ハンガリーのマジャールスズキ社で製造。ヨーロッパ市場向けにワゴンR+の後継車種として開発された。プラットフォームは、2代目スイフトがベース。

ヨーロッパ各国で販売され、欧州での好調な販売を受け日本国内への投入も決定。

 

スプラッシュはGMの欧州子会社にもOEM供給されている。ドイツのオペル、及びイギリスのボクスホールでは、「アギーラ」の2代目モデル(初代モデルはワゴンR+の姉妹車であった)として販売される。

スズキの世界戦略第2ステージの初代の車型と位置付けられており、ほかにはインドにおいてマルチ・スズキ・インディア、さらに中国では長安汽車グループの昌河汽車(昌河鈴木)によって製造・販売が行われている。

 

追加の偏見

3代目スイフトを購入するにあたり、ちょっと、いやだいぶ欲しかったのがこのスプラッシュ。

欧州スズキが開発・製造に携わったコンパクト。ちょうどその時期自分が「変な車欲しい病」を盛大にこじらせていたところだったので、バッチリ刺さった車でした。

  • 軽自動車サイズのボディのコンパクトカー
  • 実は欧州車
  • 大人4人は乗れる
  • 椅子が大きくて立派
  • 車体剛性は3代目スイフトと同格。実はスイフトより重い。
  • ガッチリした味付け

当時有った、自分の変な自己顕示欲をコレでもかと満たしてくれる、素晴らしい逸材でした。

 

「SPLASH」の画像検索結果

実際にちょっと載せてもらったりもしまして、スイフトとはまた違った感じでいい車やなぁ~と関心しました。

特に直進安定性がいい。ホイールが大きいのも相まってか、ビシっと決まります。あと背が高いのに旋回中も思いの外安定している。

インプレを読む限りだと、高速道路もグイグイ進むみたいです。

 

走りだけで言えば、言うことない車でした。

そしてレア。人と被らない。

あの時わがままを通していれば、どんなカーライフを送っていたのだろうか。

 

 

Twitterでの声

 

まとめ

まぁあの時自分はスイフトを選んで正解だったとは思いますよ。

スプラッシュはセカンドカーとしては優秀だけど、コレ一台で色々こなそうと思ったら、ちょっと帯に短し襷に長し。

 

荷室はスイフト以上に狭いし、ドリンクホルダーとかのユーティリティも今ひとつ。別にフィットみたいな至れり尽くせりを望んではいなかったものの、「大丈夫かなぁ」って疑念が生まれちゃったのも事実だったんですね。

 

人生と歴史にたらればは無いのですが、あの時はスイフトをチョイスしてよかったと思います。結果的にこの「若い人におすすめの車」記事を書く原動力にもなりましたし。

ただ、通勤車両とか足車を買うことになる機会が恵まれたら、中古でだいぶ値段が下がったスプラッシュを候補に入れたいと思っています。

 

 

主要諸元(1.2)

基本性能

型式 DBA-XB32S 最小回転半径 5.2m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.78m×1.68m×1.59m
ドア数 5 ホイールベース 2.36m
ミッション CVT 前トレッド/後トレッド 1.46m/1.47m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.9m×1.38m×1.24m
4WS 車両重量 1050kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.15m
マニュアルモード
標準色

スペリアホワイト、カシミールブルーメタリック4、コスミックブラックパール、スパークリングブルーメタリック

オプション色

エンジン

エンジン型式 K12B 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 45リットル
可変気筒装置 燃費(JC08モード) 19.6km/L
総排気量 1242cc 燃費基準達成
最高出力 91ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
118(12)/4800

足回り

 

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
トーションビーム式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

185/60R15

185/60R15

ブレーキ形式

Vディスク式

ドラム式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

 

 

 

 

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です