偏見で語る車BLOGについて

 

 

初めましてこんにちは。
「偏見で語る車bot」こと、@henken_car の中の人です。
先ずこちらのページで、自己紹介とこのBLOGの説明をさせていただきます。

Dear all.
I’m the person in @henken_car, “Car bot talking with prejudice”.
First, on this page, I will introduce myself and explain this BLOG.

 

このBOT&BLGにおける”偏見”という意味について
About the meaning of “prejudice” in this BOT&BLOG

まず最初に、私はアカウント名に「偏見で」という言葉を使っています。

「好き勝手に、自分が思うように」という意味合いで記載しています。
この使い方は辞書で書かれているような正式なものではなく、ある種日本のインターネットスラング、特にTwitter上でよく使われている用法です。
なので、海外の方が翻訳ページやアプリなどを使って翻訳すると、妙な印象を持たれることも有ったようです。

それに加え自分は、「面白おかしく」というニュアンスを少し入れています。
ただ、あまりにも一方的に馬鹿にするような言葉遣いは避けています。そのへんの塩梅が難しいところですが、エンターテインメント性は持たせるように努力し続けています。

 

First of all, I use the word “with prejudice” in my account name.

It is written with the meaning of “as you like, as you think”.
This usage is not official as written in a dictionary, but is a kind of usage that is often used on Japanese Internet slang, especially on Twitter.
Therefore, it seems that there were some strange impressions when overseas people translated using translation pages and apps.

In addition to that, I add a little nuance of “Funny”.
However, I avoid words that are too unilaterally stupid. Although it is difficult to use salted plums, we are striving to provide entertainment.

 

中の人の素性 My identity

最初に、中の人の素性をさらっと明かしておきます。
ただあまり個人を特定されるといろいろ面倒なので、ふんわり「ほのめかす」ような書き方になってしまうのをご了承ください。

Let me reveal the identity of the person BOT inside.
However, details are not given. Avoid information disclosure that identifies individuals.

 

今車業界に居まして、ある自動車部品メーカーでの研究開発職をやっています。今年でざっくり12年目です。
およそ10年もやっていると、色んな悩み、不具合を抱え、それを解決に向かうべく修羅場も何回かくぐってきました。おかげで中堅社員として「いくらか戦力になってきたかなぁ」と感じられるに至ってます。
大変な事が多い仕事ですが、真摯に技術に向き合って、最新(に近い)の機器を使って解析・モノづくりをしていくというのは、なかなかに面白いものがあります。

I’m in the car industry and I’m doing research and development at an auto parts manufacturer. This year is roughly the 12th year.
After almost 10 years, I had various problems and problems, and I faced several difficult situations to solve it. From that experience, I have come to feel that “I’ve become a little more powerful”.
Although it is a lot of difficult work, but it is quite interesting to face the technology seriously and use the latest (close to) equipment for analysis and manufacturing.

 

業界に入って感じたこと What I felt in this buisiness

それに車を作るという行為は数千人、数万人以上のエンジニアや関係する人の想いが詰まった集合体です。
売れる車に売れない車、評価される車にそうでない車。色々有ると思いますが、開発・製造に携わる人達は一生懸命に仕事に向き合っています。

結果的に出来上がったものが信じられないようなものだったとしても、それを馬鹿にするような行為はできません。仕事に対しては敬意を払いつつ、物自体は明るくカラッと笑い飛ばすような。このBOTはそういうスタンスを目指しています。

And the act of making a car is a collective of the thoughts and wishes of thousands, tens of thousands of engineers and related people.
There are cars that does not sell to a cars that sell, and cars that does not. But people involved in development and manufacturing all of them are working hard.
Even if the result is incredible, I can’t ridic to it. I want to paying respect for the work, laughing with no sarcasm to the things themselves. I’m aiming for such a stance in this BOT.

 

幼少期に影響を受けたもの What was influenced by childhood

幼少期は高速戦隊ターボレンジャーを見て育ち、機動武闘伝Gガンダムに熱狂していました。WよりGガン派です。(だいたいの年齢はわかるかな)
また乳児期に、両親に買ってもらった「JR特急」という図鑑を、文字通り穴が開いてぶっ壊れるほどみ漁りました。おかげで1歳児にて機関車の型式を判別するに至り、その余韻で「乗り鉄」の素養も若干持っています。

In his childhood, he grew up watching ”Turbo Rangers” and was enthusiastic about ”Mobile Fighter G-Gundam”. (Can you know the approximate age in Japanese people?)
I also caught a picture book called “JR Limited Express” that my parents bought when I was an infant. I have read it again and again until a hole opened and it broke. As a result, I could been able to recognize the locomotive model at I was 1 years old.

 

それから、初めて僕が「コレがほしい!」とせがんで買ってもらったおもちゃ。これは今でもすごく覚えています。
青いゴミ収集車です。
お祭りの出店で並んでいて、スポーツカーとかパトカーとか色々有ったと思うんですが、僕は迷わずゴミ収集車をチョイスしました。多分リアのゴミを積む機構が開いたり斜めになったりするのが格好いいと思ったんでしょう。

And then, for the first time, I bought a toy that I bought “I want this!” I still remember this very much.
Blue garbage truck.
I think that there were a lot of sports cars and police cars at the festival toy shop, but I chose a garbage truck without hesitation. Perhaps I thought that it would be cool to open or tilt the rear container mechanism.

 

 

でも普通の子供はスポーツカーとか選ぶよね(苦笑
その影響は未だに残っているのか、スポーツカーより渋い実用車を好んだり、デザイン的に変な車とか、働く車に興奮したりします。そういう人間です。
なのでフィアット・ムルティプラをアイコンにしています。この車は好きです。本当にね(笑)

But ordinary kids choose sports cars I think.
It may the influence still remains, I prefer a more practical car than a sports car. And I am excited about a car with a strange design or a working car. I’m Such a person.
So Fiat Multipla is my BOT icon. I like this car. Seriously (laughs

 

BOTを初めた理由 Reasons for starting BOT

なんとなく日々のマンネリとか、行き詰まりを感じる部分があり、気軽な気持ちで初めました。
こことは別にバイクに関するBLOGをやっていたこともあり、バイク関係の人間的つながりは、オンライン・オフラインともにかなり有りました。
ただそこで伝えたいことややりたいことはあら方アウトプットしてしまったので、別の刺激を欲していたのです。

Somehow I felt stuck in daily routines and got stuck, so I started with a casual feeling.
Apart from here, I was doing BLOG about motorcycles, and there were quite a lot of personal connections related to motorcycles both online and offline.
But what I wanted to convey and wanted to do was already outputted. so I needed another stimulus.

 

そこでふと思った、「車」というキーワード。
車も好きなので、自分の好きな車について漠然と話しまくる場をつくろうと考えました。
そんなわけで、最初は完全に自分の好み全開で、マニアックと言うか不人気というか、メインストリームではない、そんな車を多数紹介していました。

The keyword “CAR” that I suddenly thought was there.
I also like cars, so I decided to create a place to talk vaguely about my favorite cars.
That’s why I introduced a lot of cars that were completely open to my taste at first. Those weren’t popular or not mainstream cars.

 

嬉しい誤算 Happy miscalculation

そういう活動をしていた中で、意外なことが起こりました。若い方々にたくさんフォロー・リツイート・ファボして戴けたのです。
ちなみにバイクBLOGの方では年齢層が高めで、40代以上の方が読者のメインでした。
なので漠然とですが、「10代20代の人って車に興味がない人が多いんだろうなぁ」なんて勝手に思っていたんです。ほんと、勝手にそう思っていました。
実際会社に入ってくる若い人間も、車に興味がない人が増えてます。

Something unexpected happened during these activities. Many young people were follow, retweet, and Like with my tweet.
By the way, the age group was high in my motorcycle BLOG, the readers were mainly in their 40s.
So it was vague, but I thought that “there were many people in their teens and 20s who were not interested in cars.” I really thought so.
Many young people who actually enter the my company is not interested in cars.

 

ですが、偏見botに反応をくれる方々は、若い人ばかりでした。20代はもちろん、高校生や中学生の方もいました。
そして、スポーツカーを投稿した際、それまでにない圧倒的な反響をいただくことができました。若い人も年配の人も、ものすごく共感してくれたのです。

However, the who responded to My bots were many young people.
There were high school students and junior high school students as well as those in their twenties.
And when I posted a sports car, I was able to get an overwhelming response like never before. Both young and elderly people were very excited.

「若い車好きって、まだまだたくさんいるじゃないか」
「こんなに車をネタに和気あいあいと話せる」
「このBOTは、世代を超えて繋がるツールにできるんじゃないか」

“There are still a lot of young car lovers.”
“Speaking of a car with such a friendly feeling”
“Is this BOT a tool that can be connected across generations?”

そう実感できました。
そうする中で開始2か月で4500人を超えるフォローをいただき、2019年10月現在、2万人を超えるフォロワーさんを集めるに至りました。
とてもうれしく思っています。Botを開始して本当に良かったなぁと思っています。

I felt so.
In the meantime, we received more than 4,500 followers in the first two months, and as of October 2019 we have gathered more than 20,000 followers.
I am very happy. I’m really glad that I started Bot.

 

海外の方との交流 Exchange with foreigners


それから全く意図していなかったのが、海外の方とツイッター上でやり取りができたことでした。これは本当に全く考えもしていませんでした。
いつ頃からか海外の方が私のツイートに返信してくれるようになり、その数が増え、そしてそれがとても楽しいものでした。

Then, what I didn’t intend at all was that I was able to communicate with people from overseas on Twitter. I never really thought about this.
Sometime overseas people started to reply to my tweets, the number increased, and it was a lot of fun.

 

私が今英語の勉強をしていることも有り、この機会にBLOGを日英併記にして見ようと思い立ちました。これもそれなりに時間がかかるけれど、より広い世界にアプローチできるようになるし、何より翻訳作業が楽しいです。
海外の方からも、どうぞ遠慮なくメッセージを送っていただければと思います。

I am currently studying English, so I decided to take this opportunity to write BLOG in both Japanese and English.
This also takes some time, but it will allow you to approach the wider world and above all. And the translation work is fun.
Please feel free to send messages from oversea country.

 

まとめ Summary

バリバリ自動車業界内にいるので、機密に関わることも知っている、というか私の存在自体が機密情報だったりします。
ですので、基本的には一般公開されている情報をベースに話しします。でもちょこっとほのめかしたりはするかもしれません。
技術的な厳密性よりも、ある程度ふわっとした、エンタメ性があるような文章を目指します。みなさんと一緒に楽しんでいきたいです。

Because I’m in the car industry, I know that it’s related to confidentiality, or my existence itself is confidential information.
So basically speaking based on publicly available information. However, you may be a little implied.
Aim to be more entertaining than the technical strictness. I want to have fun with you.

 

間違った知識に基づいてご指摘・お叱りを受けたことも多々あります。勘違いだったり、無知だったり。
そういったところも、できる限り謙虚に受け止め、情報を訂正しながらやっていきたいと思います。

I have often received comments and comments based on my wrong knowledge. Because of Misunderstanding or ignorance.
I would like to rewrite them as humbly as possible and correct the information.

 

あとBLOGのコメント欄やTwitterなどで、バンバン意見をもらえたらうれしいです。双方向でやり取りしていきたいです。
日本語英語なんでも構いません。それではよろしくお願いします。

I’d be happy if you could get opinions on the BLOG comment section or Twitter. I want to interact in both directions.
Japanese or English is fine. I’m looking forward to working with you.

 

追記:2018/05/01

TOPのページのNAロードスターは、ししょーさん(@sisho_drawing )に書いて頂きました。
背景画像として使う都合上、トリミングしております。こちらが全体像です。