トヨタ・ファンカーゴ ”使える”コンパクトトールワゴン Yaris-Verso

トヨタが1999年に送り出した、背の高いコンパクトカーです。
初代ヴィッツのコンポーネントを使い、荷室が広いトールワゴンというコンセプトを非常に上手くまとめ、全長3680mmの車両とは思えない使い勝手を有していました。
後々まで愛される名車になりました。

A tall compact car that Toyota launched in 1999.
Using the original Vitz/Yaris components, the concept of a tall wagon with a large cargo space was put together very well.
A and it was easy to use as a vehicle with a total length of 3680 mm.
It became a famous car loved until later.

 

追加の偏見 Additional info

このファンカーゴ、トヨタが1997年に開催された第32回の東京モーターショーで、「コンセプトモデル」として発表されています。(当時のHP
当時の目玉は発売直前だったプリウス、そして後の高級SUVブームの火付け役となるハリアーでした。

This fan cargo(Japanese name), it was announced as a “concept model” at the 32nd Tokyo Motor Show held in 1997. (HP at that time)
The highlights at that time were the Prius, which was just before its release, and Harrier, who sparked the later luxury SUV boom.

 

コンセプトモデルは、FUN+**という名前で3つ登場しています。
There are 3 concept models under the name “FUN + **”.

  • ファンタイム FUN-TIME
  • ファンクーペ FUN-COUPE
  • ファンカーゴ FUN-CARGO

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/232669/blog/22961333/

この内ファンタイムはヴィッツとして市場に出ました。海外ではヤリスの名前で登場し、世界中で大ヒット。コンパクトカーの概念を変えるレベルでのセンセーショナルを巻き起こしました。

Among them, FUN-TIME was put on the market as Vitz. It appeared under the name of Yaris abroad and was a big hit all over the world. It created a sensation that changed the concept of compact cars.

 

https://minkara.carview.co.jp/userid/232669/blog/22961333/

ファンクーペは残念ながら発売されることは有りませんでした。タルガルーフと大開口系のリアを組み合わせたような、ハッチバッククーペスタイル。CR-X デルソルに近いですね。出てきた3種類の中では最もコンセプチュアルな印象を受けます。サイノスの後継車になったかもしれません。

Unfortunately, the FUN-COUPE was never released. A hatchback coupe style that combines a Targa roof with a large opening rear. It ’s close to CR-X Del Sol.
I get the most conceptual impression of the three 3. Maybe it was the successor to Toyota Cynos.

 

そしてファンカーゴ。これはコンセプトカーのままの名前で出てきました。
コンセプトモデルの段階で、かなり販売車両に近い造形をしていたことがわかります。グリルの造形にエッジが効いていたり、リアドアが存在しなかったりの違いはありますが、色の塗り分けなどは量産車と大差ありません。かなり練り込まれたデザインだったと推測されます。

And fun cargo. This came out same name as a concept car.
At the concept model stage, you can see that the model was very close to the sales vehicle. There are differences between the shape of the grill and the edge, and the absence of the rear door, but the color coating is not much different from the mass-produced car.
t is speculated that it was a fairly elaborate design.

 

トヨタ自動車 GAZOO Racing Company スープラ開発責任者の多田哲哉氏

なお開発の設計統括は、100系スープラを開発し、現在トヨタ自動車のスポーツ車両統括部長をされている多田哲哉さん。
この人調べたらわかるけれど、初代ファンカーゴ、初代bB、2代目ラウム、初代パッソ、初代ラクティス等、86等ほんとにたくさんのトヨタ車を開発しているエリート中のエリート。

The design manager of Funcargo is Tetsuya Tada, who developed the 100-series Supra and is currently the general manager of the sports vehicle division at Toyota Motor Corporation.
This is an elite in the elite that has developed a lot of Toyota cars, such as the first fan cargo, the first bB, the second Raum, the first Passo, the first lactis, and the GT86.

 

 

カングーとの類似性 Similarity with Kangoo

自分のツイートでは、「ファンカーゴを参考にした」、と(ネタ的に)書いてはいるものの、初代カングーが発表されたのは、コンセプトモデルが登場した年と同じ1997年のこと。
コンパクトカーの背を高くした「トールワゴン」というジャンルが広がり、ヴィッツ/ヤリス向けのプラットフォームを使って、なにか表現できないか?という思いが中心にあったのでしょ。そのため、直接的なコンセプト模倣ではないと考えています。

また、カングーは貨物車と乗用車を両方準備しているのに対し、ファンカーゴは乗用車専用設計という違いもあります。
乗用モデルを作るにあたって、参考とされた部分もあるかとは思います。

In my tweet, “I referred to the fan cargo” (as a Funny), but the first Kangoo was announced in 1997, the same year that the Fun-Cargo concept model appeared.
Is the genre of “tall wagons” taller than compact cars expanding, and what can be expressed using the platform for Vitz / Yaris? I think that was the central idea. Therefore, I do not think it is a direct concept imitation.

In addition, Kangoo prepares both freight cars and passenger cars, whereas Fan Cargo has a special design for passenger cars.
I think that there is a part that was used as a reference when making Fun-Cargo.

 

秀逸なパッケージング Excellent packaging

ファンカーゴは、実用性重視のパッケージングを品の良い外装で包んだ素晴らしい車だと思います。ほんとうの意味で「使える車」です。
荷室は広く、運転席と後部座席の空間も十分です。リアシートが3分割できるのは極めて欧州車っぽいですね。しかも4段階でリクライングできます。このへんはカングー等の影響があるかもしれません。
デザインも気取っておらず、ファニーな印象を受け、個人的にとても好きです。今見ても新鮮さを感じ、古臭く見えません。デザインの鮮度が落ちていない稀有な車両です。

I think Fun-Cargo is a wonderful car with practical packaging and a good exterior. In a real sense, it is a “usable car”.
The luggage compartment is large and there is ample space for the driver and rear seats. The rear seat can be divided into three parts, which is very European. And you can recline in 4 stages. This change may be affected by Kangoo.
I don’t care about the design, I get a funny impression and I like it very much. Even now, it feels fresh and does not look old-fashioned. It is a rare vehicle whose design freshness has not fallen.

 

燃費も平均で10~15km/L程度を記録。これかなりいいほうだと思います。年式が古いため年式相応の不具合は出てくると思うのですが、プリミティブな設計で基本的に頑丈です。
発売から20年くらいたった今でもたまに見かけ、オーナーさんの高評価も見ることができます。

The average fuel consumption is about 10-15km / L. I think this is pretty good. Since the model is old, I think there will be problems with the model. But the primitive design is basically sturdy.
Even now, about 20 years after its release, it can sometimes be seen and you can see the high evaluation of the owner.

 

 

トランポとしても優秀 Excellent as a transporter

自転車はもちろんのこと、小型バイクのトランポで使っている人もいました。
画像を探してみたら、600ccクラスのバイクであったり、125cc~250ccクラスのオフロードバイクを載せている画像も見つかりました。

Some people used it as a transporter for small motorcycle as well as bicycles.
I Looking for images, also found images that were 600cc class racer type motorcycles or 125cc-250cc class off-road motorcycles.

 

横開きはのテールゲートは、背が高くなったことで跳ね上げ式だと狭い場所で開くことができない、ということを回避するために設計されたもの。
また後ろからの乗降性も考慮した設計だとも聞きました。ニッチな需要かもしれないけれど、ラダーなどでバイクを積むとき便利だったりするんですよね。頭がぶつからないので。

The laterally open tailgate was proposed as a solution because it was not able to open in a narrow place if it was flipped up due to its height.
I also heard that it was designed with ease of getting on and off from behind. It may be a niche demand, but it’s convenient when loading a bike with a ladder. Because my head doesn’t collide.

 

 

カーオブザイヤー受賞

ファンカーゴは第20回 1999-2000日本カー・オブ・ザ・イヤーをヴィッツ、プラッツとともに受賞しました。

なおファンカーゴは1世代で終わり、次はラクティスという名前になりました。
ラクティスが登場したときの記事で、「ファンカーゴの名前を消すのは忍びなかったが・・・」といった多田さんのコメントを見ることができました。
ラクティスがより乗用車ライクなスタイルのトールワゴンだったため、ファンカーゴとはコンセプトが異なるということで消滅してしまったのでしょう。

Fun-Cargo is winner of the 20th 1999-2000 Japan Car of the Year with Vitz and Platz.

Fun-Cargo ended in only one generation, and the next was named “Ractis”.
In the article when Ractis appeared, I was able to see Tada-san’s comment such as “I didn’t end up erasing the name of the Fun-Cargo …”.
Since Ractis was a tall wagon with a more passenger-like style, it would have disappeared because the concept was different from that of Fun-Cargo.

 

「yaris cargo」の画像検索結果

ちなみに欧州でもヤリスヴァーソの名前で発売され、極めて高い評価を受けたと聞きます。
TopGearではジェレミー・クラークソンは「退屈だ」と言っていました(笑)

By the way, I heard that it was released under the name Yaris Verso in Europe and received an extremely high evaluation.
At TopGear, Jeremy Clarkson was saying “boring”  lol.

 

 

TVCF

CMがとても楽しいです。放送されていた当時何度も見ました。(画質が悪いです)
ファンカーゴの魅力をこれでもかと詰め込んだCMです。

TVCF is a lot of fun. I saw it many times at the time when it was broadcast. (Image quality is bad)
This is a commercial that is filled with the charm of fun cargo.

 

まとめ

普通の乗用車よりも「道具」としての側面を感じられるこの車は、妙な愛着を感じさせる不思議な魅力を持っています。
使えば使うほど、付いた傷さえも思い出になるような、そんな車じゃないかと思います。

This car, which feels more like a “tool” than an ordinary passenger car, has a mysterious charm that makes it feel strangely attached.
I think that the more you use it, the scratches you get will be good memories. Fun-Cargo is such a car I think.

 

 

それから特別仕様車「VF130」が350台限定で発売されていました。

Then, the special specification model “VF130” was sold only for 350 units.

 

当時の日本車はレトロカーブームも相まってか、こういう特別仕様車が少数発売されていました。

At that time, Japanese cars were combined with “retro car boom”, and a few of these special models were on sale.

 

 

主要諸元 Specification(1.5 X)

基本性能 Basic performance

型式 GH-NCP21 最小回転半径 5.1m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.86m×1.66m×1.68m
ドア数 5 ホイールベース 2.5m
ミッション 4AT 前トレッド/後トレッド 1.44m/1.42m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.91m×1.37m×1.29m
4WS 車両重量 1030kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 1305kg
ミッション位置 コラム 最低地上高 0.15m
マニュアルモード
標準色

スーパーレッドV、ライトグリーンメタリック、ブラックマイカ、イエローマイカメタリック、ダークグリーンマイカ、ダークグリーンマイカ、シルバーメタリック、シャンパンメタリック

オプション色

スーパーホワイトII/シルバーM、シルバーメタリック/グレーメタリック、ブラックマイカ/グレーメタリック、スーパーレッドV/グレーメタリック、シャンパンメタリック/グレーメタリック、イエローマイカ/シルバーメタリック、ダークグリーンマイカ/グレーメタリック、ブルーマイカ/グレーメタリック・ツートン

エンジン Engine

エンジン型式 1NZ-FE 環境対策エンジン
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 45リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 15km/L
総排気量 1496cc 燃費(WLTCモード)
燃費基準達成
最高出力 110ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
14.6/4200

足回りSuspension & Tire & Brake

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
トーションビーム式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

175/65R14

175/65R14

ブレーキ形式

Vディスク式

ドラム式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました
Extracted from Carsensor website.

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です