ホンダ・アヴァンシア

追加の偏見

後席重視の車は売れないというジンクスが有るらしいですが、この車もまさにそれにジャストミートしてしまいました。

 

7人乗りの二代目オデッセイを、後席の居住性重視で再構築したステーションワゴン。ウィキペディアでは北米アコード(≒3代目インスパイア)がベースと書いてあるんですが、オデッセイとシャシー自体は共通のはずです。

で、リファインした方向性として、高級側に振っています。シートはエントリーグレードでもハーフレザーだったり、読書灯が付いていたり、リアシートのリクライニング&スライドが付いていたり。TOPグレードには3.0L V6を搭載し、当時は珍しかった赤外線レーザー式のクルーズコントロールまで搭載していました。

 

そして明らかにステーションワゴンなんだけど、ホンダはこれをステーションワゴンと呼ばず、「4ドアクラブデッキ」という名称で定義したんですね。ミニバンの居住空間を持つ、高級な5人乗りという、新しい乗り物を提案したかったみたいです。悪い癖ですね、あの会社の。

結局どんな車なのか伝わりにくかったためか、後期型で「ホンダはワゴンに何をしたか?」というキャッチコピーでCMを開始しました。

 

 

BGMとなっているショッキングブルーのヴィーナスは、この車に良く似合っていると思います。

 

またアーチキャビンフォルムという天井が丸く後退したスタイル、そしてリアハッチのグラスルーフ化などで、往年のホンダファンからは「アコードエアロデッキの復活」と受け取られた向きもあったようです。エアロデッキかっこいいよね。

 

結局売れなかったみたいで、トータルで2万台行ったか行かなかったとか。ディーラーの古株の人に聞いた限りだと、そういうレベルだそうです。

 

Twitterでの声

 

 

 

 

 

まとめ

「アヴァンシア」の画像検索結果

アヴァンシアの名前は、2016年にホンダブランドの最大級クロスオーバーSUVとして、中国向けに販売されています。そこそこ順調に売れているみたい。

 

 

「アヴァンシア」の画像検索結果

https://www.honda.co.jp/auto-archive/avancier/2003/

因みに中の人はこれに4年ほど乗っていました。

後期型のスポーティーグレード、ヌーベルバーグですね。色はサムネの赤です。

マイナーチェンジの費用の大部分を足回りにかけたという噂も有った通り、高速道路の走行などは非常に楽でした。
2.3Lで150馬力は若干非力感があったものの、すげー回るなぁ直4だなぁと思った印象が有ります。SOHCだけどF型だったので、型式的にはS2000と同系統なのよね。

知り合いに運転させたら、「BH型レガシィワゴンにすごく乗り味が似ている」と言っていました。

 

お勧めできるかと言うと、、、、、ですね。。。。

ホンダ車の悪い所で、微妙にユーティリティの使い勝手が悪い。あと2000年代前後のデジタルガジェット・音響などのセッティングが独自仕様過ぎて、リファインに金がかかります。

例:

  • オーディオが純正MD。5連装CDチェンジャー付。
  • しかも1DINポートの左側が蒲鉾のように丸まっていて、微妙に隙間ができる謎仕様。
  • 中間に謎のオーディオアンプが取り付けられていて、そこでチャンネルなどを制御しているため、社外オーディオではステアリングリモコンが使えなくなる。

 

・・・というわけで、めちゃめちゃ気に入っている!!絶対乗りたい!という場合以外はお勧めできないです(苦笑  乗り心地とか、エンジン自体はいいだけに惜しいよなぁ。

ただ一緒に1000㎞のロングランに出かけたり、引っ越しの時に荷物を思いっきり詰め込んだり、震災の大変な時期を一緒に乗り越えたりと、思い入れは強い車です。

元気に走っている姿をたまに見かけると、うれしくなります。

 

 

主要諸元(3.0 V)

基本性能

型式 GH-TA3 最小回転半径 5.6m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.7m×1.79m×1.5m
ドア数 5 ホイールベース 2.77m
ミッション 5AT 前トレッド/後トレッド 1.56m/1.54m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 2.06m×1.48m×1.22m
4WS 車両重量 1600kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 -kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.16m
マニュアルモード
標準色

プレミアムホワイト・パール、サテンシルバー・メタリック、カンタムグレー・メタリック、シグネットシルバー・メタリック、ショアラインベージュ・メタリック、カジフブルーグリーン・パール、メルローレッド・パール

エンジン

エンジン型式 J30A 環境対策エンジン
種類 V型6気筒SOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 65リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 9.8km/L
総排気量 2997cc 燃費基準達成
最高出力 215ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
272(27.7)/5000

足回り

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ダブルウィッシュボーン
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

205/65R15

205/65R15

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました

ネットショップの紹介

中の人
偏見で語る車BLOGのネットショップができました。オリジナルTシャツを販売中です。今なら車業界に関する情報の特典付き!

こちらをタップしてご来店ください!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です