ホンダ・CR-X 軽い!速い!恐ろしいほど楽しい!light! fast! Awesome fun!

 

BOTがツイートするたびに大量のイイネが付く車の一つです。
サイバーパンクが当時の流行を取り入れたネーミング。その名の通り、軽量でコンパクトな車体に、元気のいいエンジンを搭載した一台。そんな車は面白いに決まっている、という見本のようなマシンです。
当時の、そして今の車好きを魅了してやまない一台と言えるでしょう。

It is one of the cars that have a lot of Likes every time my BOT system tweets.
Adopted the fashion of the time the naming that “Cyberpunk”. As the name suggests, this is a lightweight and compact car with a cheerful engine. It is a machine like the best sample that such a car is decided to be interesting.
It can be said that it is one machine that has been fascinating car lovers at the past and now.

 

追加の偏見 Additional info

名前の由来は、「シビック・ルネサンス」、又は「シティ・ラナバウト(「クルージング」の意味であるとも言われている)」を表す「CR」。これに未知数を表す「X」とを合成させた造語とのこと。
この車は自分が小学生のとき、通学路で見かけたのを覚えています。
当時はさほど車に詳しくなかったのですが、なんか不思議なシビックだなぁと思っていました。

The origin of the name’s “CR” is representing “Civic Renaissance” or “City Runabout” . It is a coined word that combines this with “X” representing the unknown.I remember seeing this car on the school road when I was in elementary school.
At that time, I wasn’t very familiar with cars, but I thought it was a something mysterious Civic.

 

もともと低い車高なのに、みんな車高調入れて更に下げるもんだから、ゴキブリというようなひどいあだ名をつけられたことも。まぁダッシュ力の高さから見てそんなに間違っていないのかもしれません。

Although it was originally a low car height, everyone tended to installed more lower suspensions, so it was given a terrible nickname like a ”cockroach”.
Well, it may not be so wrong from the standpoint of dashing power.

 

 

こんなぺたんこの車体ですが、ピラーが細いのと、リアのエクストラウインドウで視界は比較的良好だったとか。この仕組は、2代目インサイトやCR-Z, トヨタ・プリウスにも影響を与えたと思われます。

It is such a petty body, but the visibility is relatively good with the narrow pillars and the rear extra window. This mechanism seems to have influenced the second-generation Honda Insight, CR-Z, and Toyota Prius.

 

そういえば、グラスルーフもオプションで搭載されていました。以前乗られていたフォロワーさんのコメントによると、夏はとても暑かったそうです。

Speaking of which, a glass roof was also installed as an option. According to the comment of my follower who was riding it before, it was very hot like a hell in summer.

 

NA屈指の高出力ユニット The leading high power unit by Natural Aspiration

色んなグレードがあるけれど、やはり注目すべきなのはやはりSiR。B16A型のVTECエンジンを搭載した車両です。日本のみで発売された仕様です。北米はSiまでしか発売されませんでした。
80年代末の制御技術で、リッターあたり100馬力越えの出力を達成しています。バイクかお前は?

There are various grades, but it is still worth noting SiR. A vehicle equipped with a B16A type VTEC engine. It is a specification released only in Japan. North America was only released up to Si.
With control technology at the end of the 1980s, it have achieved output exceeding 100 horsepower per liter.  Are you Motorcycle?

 

初期型のVTECは挙動が強烈そのもの。いきなりタコメーターの動きが俊敏になり、甲高い排気音を響かせると同時にロケットが点火したような加速を見せます。俗に言う「ンバァァァアアアッ!!!」ですね。日産シーマの「ドッカンターボ」とはまた別の加速感。

The early VTEC has a very strong behavior. Suddenly the movement of the tachometer becomes agile, resonating with a high-pitched exhaust sound, and at the same time accelerating as if the rocket was ignited. It’s a popular “Nn BaaaaaaaAAAA!!!” (…it is expression the characteristic sound of VTEC by Japanese Internet Car geeks. ).
Another acceleration feeling compared to Nissan Cima’s “Explosion Turbo”.

 

加えて車体の軽さ、ショートホイールベースからなるFFとしては驚異的なハンドリングで、「腕が良ければ大きなマシンも狩れる」というポテンシャル。
パワーと危うさと痛快さが同居するマシン。こういった側面にも、当時多くの若者が魅せられたといいます。

In addition, the handling is phenomenal as an FF consisting of a light body and short wheelbase.
The potential is said that  “Defeat large horsepower cars with your skills”.
A machine where power, danger and excitement coexist. It is said that many young people were attracted to these aspects at that time.

 

PR VIDEO

80年代後半に、ホンダがF1が圧倒的な戦績を残していたこと。そして痛快な走りを求める人が、今とは比べ物にならないほど世の中にたくさんいた時代だからこそ生まれた車なのでしょう。
当時のPRビデオも、スペックを誇らしげに強調したものになっています。今ではこんな技術にすり寄ったプロモーションビデオ殆どありません。

In the late 80s, Honda had an overwhelming record of F1. And it is a car that was born because there were so many people in the world who were looking for a thrilling run that could not be compared to today.
The promotional video at that time also proudly emphasized the specs. Now there are almost nothing that sneak into this technology.

 

有名人も大好き Celebrities also loves it.

ツイートにも書いているけれど、ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュは、本当にCR-X乗っていたらしい。後ジェレミークラークソンも。TopGearでお話されていました。
スラッシュに「お前クールだよ」って言われてみたいですね。

As I wrote in the tweet, Guns and Roses’ Slash’s seemed to been drove on the CR-X. Also Jeremy Clarkson.
This episode was talking at Top Gear.
I want slash to say “You’re cool”.

 

また偉大なるポール・フレール氏もCR-Xを愛していたようです。

Also, the great Paul Freres seemed to love CR-X.

 

 

先輩のお話 My senior colleague story

それから、真ん中のグレードのSiに乗っていた先輩の話を聞けました。
まだ若い頃に峠を走っていて、若干オーバースピードで右コーナーに突っ込んでしまい、曲がり切れないと感じ思いっきり減速。
大事故は避けられたものの、ゴツン!という音と共に、左前方のバンパーがガードレールに接触してしまいました。

感覚的に2~30㎞/hくらいの速度。本人はほぼ無傷。
「あちゃー板金だなぁ。」と思って車を確認していたら、なぜかリアハッチが開かない。
なんとか工場に持って行ったら、左前方から右後方にかけて、ばっちりフレームが歪んでいたらしい。最終的に廃車になったそうな。
・・・うん、正しい設計だね。。計算どおりにフレームが壊れたんでしょう。。

Then I heard the story of a senior who was on the middle grade Si.
When he was still young, and he was running on and rushed into the right corner at a slight overspeed. He made hard braking.
Although a major accident was avoided, but small sound like a “bang”. A bumper on the left front had come into contact with the guardrail.
The speed was sensibly about 2-30 km / h. He was almost intact.

He thought, “Oh, Sheet metal repair is required…”
So he start to check a car, the rear hatch didn’t open.
When he took it to the factory, it seems that the frame was distorted from the left front to the right rear. And his CR-X was eventually scrapped.

… Yeah, right design. . The frame has been broken as calculated…..

 

 

また、当時車体側でサスペンションの設計をされた人の話も、又聞きですが耳にすることができました。
ペラペラ車体なので、サスペンションのマウント部強度が不足し、足がバタバタして全然落ち着かなかったとか。まぁ当時のホンダ車は大なり小なりその傾向はあったようなのですが、この車は飛びぬけていたそう。
パワーだけは抜群にあるから余計にバランスがとりづらい。セッティング出しにかなり苦労したそうです。

I also heard the story of the person who designed the suspension on the car body at that time.
Because it was a slick body, the suspension mount was not strong enough, he said that the tiers fluttered and did not settle down at all.
Well, the past Honda car at seemed to have a tendency to be larger or smaller, but this CR-X seems to have skipped.
Only power is outstanding, so it’s harder to balance. It seems that he had a hard time setting out.

 

まとめ

CR-Xは、当時のホンダが今のマツダやスバルのような小規模なメーカーであり、ニッチでエッジーなクルマづくりを目指していた姿が結実したものだと思います。
車衝突安全性能とかは考えられていません。当時の技術レベルにおいて、いかに痛快に走るか!という事のみにフォーカスされた車です。
もっと言えば、こんなに薄くシャープな車は、今の対歩行者の安全基準から見ても作るのは難しいと思います。凄くかっこいいけどね。

I think that CR-X is a result of the fact that Honda at that time was a small manufacturer like the current Mazda and Subaru, aiming to niche targets and make edged cars.
Car crash safety performance was may not highly considered. To make how exciting car with the technical level at that time. It is a car focused only on that.
In other words, I think that it is difficult to make such a thin and sharp car in view of the current safety standards for pedestrians. It’s really cool.

 

それから部品の供給も、すでにかなり厳しいものになっています。
安全、かつカジュアルに走りを楽しみたい人は、同じくらい軽量ハイパワーなスイフトスポーツとかの方が幸せなままでいれる・・・かもしれません。

Since then, the supply of repair parts has already become quite strict.
For those who want to enjoy running safely and casually, the same lightweight and high-powered Swift Sport is better,,,,  and you may be happy.

 

 

主要諸元 Specification(1.6 SiR)

基本性能 Basic performance

型式 E-EF8 最小回転半径 4.8m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 3.8m×1.68m×1.27m
ドア数 3 ホイールベース 2.3m
ミッション 5MT 前トレッド/後トレッド 1.44m/1.45m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.55m×1.39m×1.05m
4WS 車両重量 970kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 4名 車両総重量 -kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.15m
マニュアルモード
標準色

オプション色

エンジン Engine

エンジン型式 B16A 環境対策エンジン
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 燃料タンク容量 45リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) -km/L
総排気量 1595cc 燃費(WLTCモード)
燃費基準達成
最高出力 160ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
15.5/7000

足回りSuspension & Tire & Brake

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ダブルウィッシュボーン
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

195/60R14

195/60R14

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました
Extracted from Carsensor website.

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です