日産・ステージア(初代)Nissan Stagea 1st Gen. GT-R wagon

 

国産車屈指のハイパフォーマンスを誇るワゴン。
スカイラインGT-Rのワゴン版とも言える強烈なパフォーマンスが魅力で、今でも伝説的な存在になっています。

A estate boasting the highest performance of a Japanese domestic car.
The strong performance that can be said to “the wagon version of Skyline GT-R” is attractive. And it is still legendary.

 

追加の偏見 Additional info.

1996年に初代が発売されました。
もともと日産の上級車にも、ステーションワゴンがラインナップされていました。Y30セドリックワゴン/グロリアワゴン、R31スカイラインワゴンなどがそれです。
しばらくその系譜が途切れていたため、久しぶりの復活となります。

The first was released in 1996.
Originally, Nissan’s high-end cars had a lineup of station wagons. Y30 Cedric Wagon / Gloria Wagon, R31 Skyline Wagon and so on.
Since the genealogy has been interrupted for a while, Stegea is a revival after a long time.

 

復活のきっかけとなったのは、90年代初頭に爆発的な人気を誇ったレガシィツーリングワゴンです。手頃なサイズとパワーが評価され大ヒットとなりました。
トヨタもカルディナを開発し、戦いに挑んだという経緯があります。

The revival was triggered by the Subaru Legacy Touring Wagon, which enjoyed explosive popularity in the early 90s Japan. It was a big hit with its affordable size and power. Toyota also developed Cardina and challenged the sales and performance battle.

 

名前の由来は、英語で「舞台」を意味する「STAGE」に「Advance」の「A」を組み合わせた造語です。
このステージアは、スカイラインやローレルのシャシーをベースに開発されました。基本骨格はスカイラインR33型と同じです。
先述のセドリックワゴンやスカイラインワゴンが、バンタイプ・商用車タイプの装いをしていたのに対し、このステージアは乗用車のステーションワゴンとして専用設計されていました。
結果的に日本初の本格的なラージクラス・ツーリングワゴンとなり、高い評価を得ることになりました。

The name originates from “STAGE”, and “A” in “Advance”.
This Stagea was developed based on the Skyline and Laurel chassis. The base frame is the same as Skyline R33.
While the aforementioned Cedric Wagon and Skyline Wagon were dressed as van type and commercial vehicle type, this Stagea was designed exclusively as a station wagon for passenger cars.
As a result, it became Japan’s first full-scale large class touring wagon and was highly evaluated.

 

搭載されるエンジンはRB25DET型インタークーラー付ターボ、RB25DE型、RB20E型の3種類。すべて直列6気筒エンジンです。
とくにRB25DETエンジンは最高出力280馬力を発揮。日産は大馬力とワイドボディを武器に、ライバルとされていたスバル・レガシィツーリングワゴンに真っ向勝負を挑みました。

Three types of engine are installed: RB25DET type turbo with intercooler, RB25DE type, and RB20E type. All are inline 6 cylinder engines.
In particular, the RB25DET engine has a maximum output of 280 horsepower. Nissan challenged the Subaru Legacy Touring Wagon, which was considered a rival, with a great power and wide tough body as a weapon.

 

トランスミッションは、基本的にはステアリングのシフトスイッチやシフトレバーによってマニュアル感覚で操作可能なデュアルマチックM-ATx、もしくはフルレンジ電子制御オートマチックのE-ATxとなります。4WDモデルには、アテーサE-TSと呼ばれる電子制御トルクスプリット型のシステムが採用されています。これは駆動トルクの配分を前後で、20対80から50対50まで無段階で可変することができました。

The transmission is basically a dual-matic “M-ATx” that can be operated in a manual manner using a steering shift switch or shift lever.
And “E-ATx” that is full range electronic control automatic.
The 4WD model uses an electronically controlled torque split type system called “Atessa E-TS”. This allowed the drive torque distribution to be varied steplessly from “20 to 80” , to “50 to 50” front and rear wheel.

 


ちなみにこちらのツイートの画像が前期型.

By the way, the image of this tweet is the previous term type.

 

フロントグリルの内部にフォグランプが付いているのが後期型です。

The late model has a fog lamp inside the front grille.

 

 

伝説の260RS  Legendary 260RS grade.

ステージアはFRレイアウトと元々のシャシー性能の高さから、チューニングカーやドリフトマシンとして改造されてきました。
シャシーなどは、R33スカイラインと共通でした。ですので、BCNR33型スカイラインGT-Rのエンジンなどのコンポーネントを搭載できます。

Stagea has been modified as a tuning car and drift machine because of FR layout and its high chassis performance.
The chassis was the same as the R33 Skyline. Therefore, components such as “CNR33 Skyline GT-R” engine can be installed.

 

そこで日産の公式チューニングメーカーの「オーテックジャパン」から、ステージアにR33 GT-Rのコンポーネンツを移植した「ステージア 260RS」がリリースされました。こちらは5速MTです。
話題をかっさらったのは、GT-R専用エンジン「RB26DETT」が公式に搭載されたこと。GT-R以外には決して搭載してはならないとされた、門外不出のエンジン。ステージアはGT-R以外で「RB26DETT」を搭載した唯一の車両となりました。
結果的に260RSは、GT-Rの高い走行性能を実用性の高いワゴンに移植した形になり、「GT-Rワゴン」の異名で呼ばれ、大きな話題を巻き起こしました。

Accordingly, Nissan’s official tuning maker “Otec Japan” has released “Stagea 260RS”, which is a transplant of R33 GT-R components to Stagea. This is a 5-speed MT.
The hot topic was that the GT-R engine “RB26DETT” was officially installed. An engine that never goes outside the GT-R. Stagea is the only vehicle equipped with “RB26DETT” other than GT-R.
As a result, the 260RS became a form in which the high driving performance of the GT-R was ported to a highly practical wagon, which was called the “GT-R wagon” and created a big topic.

 

そして、更にチューニングをすすめるとこんな怪物も生まれることに・・・。

And when further tuning is done, such a monster will be born …

 

 

またR34スカイラインのパーツも移植可能であり、フロントバンパーやライトなどを流用する「顔面スワップ」も多数行われました。
コレは通称「スカージア」と呼ばれています。

R34 Skyline parts can also be transplanted, and many “face swaps” have been carried out using R34 front bumpers and lights.
This is commonly called “Scasia”.

 

 

かみさんが見たステージア Stagea seen by my wife

そういえば近所に黄色のステージアが一台走っています。
かみさんがそれを見かけた時、

「なにかとんでもないオーラだね、あの車」「只者ではない感じがする」

という言葉を発したのをよく覚えています。確かに独特のフォルムが只者ではない感じを覚えさせるんですよね。。
車高が低いし、全高も低いし、Cピラーとリアハッチの角度とかも異質だし、、、

Speaking of which, one yellow stage is running in my neighborhood.
When my wife saw it,

“That car has strange aura.”
“I feel it not normal”

I remember she saying that.
Certainly, the unique shape reminds me that I am not a normal machine.
The vehicle height is low, the overall height is low, and the angle the C pillar and the rear hatch is highly different…..

 

菅生の魔物 SUGO’s monster

それからTwitterで記載した菅生サーキットのエピソードは、自分が見た光景です。

宮城県にある、菅生サーキットでレースが開催されたときのこと。
2007年くらいのJSB(全日本ロードレース選手権)で、スタート後に爆走するバイクたちの最後尾で、マーシャルカーが追走していました。赤いスカイラインクーペV35型。専用デカールと追加ランプの改造が施された、どこからどう見てもマーシャルカー。

そしたらその後方からシルバーのステージアが突然走ってきて、完全にスカイラインを突っつき始めたんですね。あれは2台目のサブマーシャルカーだったのかな?
普通のワゴンっぽい姿だったのに、完全に余裕を見せながら追い回し、少しコーナーで離れたかと思ったら軽くテールスライドを見せながら立ち上がりで急接近する荒業。
観客席からヤンヤの喝采を浴びていました。実際凄くかっこよかったw

 

Then the episode of SUGO Circuit on Twitter is the scene I saw.

When the race was held at SUGO Circuit in Miyagi Prefecture Japan.
In the 2007 JSB (All Japan Road Race Championship), Marshall cars were running at the after of the motorcycles after explosive start. Red Skyline Coupe V35 type. A Marshall car with a special decal and additional lamp modifications, no matter where you look.

Then, Silver Stagea suddenly ran from behind and started to poke the skyline completely. Was that the second sub-marshall car?

Although it looked like a normal station wagon, but it chased Skyline with ease. And when it seemed that Stagea was a little away from the record line, Stagea showed a tail slide and while strong approaching again.
We gave a lot of encouragement to Stagea. It was really cool.

 

まとめ

驚異的なスペックと上記のエピソードと相まって、ステージアは「とんでもなく速い車」という認識が僕に植え付けられました。かなり見なくなりましたが、時々見ると少し嬉しくなる車です。
日本国内専用の車両だったようですが、海外、特にオーストラリアで人気が有り、高価で取引されているようでした。

まさに元気でやんちゃで尖っていた頃の日産を象徴する、貴重な一台です。

Coupled with the above episodes and amazing Spec, the idea that Stagea is a “ridiculously fast car” was planted by me.
I’m not seeing Stagea in these days, but sometimes when I saw it. At that time, it makes me happy.
It seems that it was a vehicle exclusively for Japan. But it was popular overseas, especially in Australia, and I heard to be expensive and traded.

It is a precious machine that symbolizes Nissan when it was energetic, messy and pointed.

 

 

 

主要諸元 Specification(25t RS V)

基本性能 Basic performance

型式 GF-WGC34 最小回転半径 5.2m
駆動方式 FR 全長×全幅×全高 4.8m×1.76m×1.49m
ドア数 5 ホイールベース 2.72m
ミッション 4AT 前トレッド/後トレッド 1.46m/1.52m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.9m×1.43m×1.16m
4WS 車両重量 1540kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 1815kg
ミッション位置 フロア 最低地上高 0.16m
マニュアルモード
標準色

アクティブレッド、ソニックシルバーメタリック、ブラックパール

オプション色

ホワイトパール3コートパール、ライトイニングイエロー

掲載コメント

エンジン Engine

エンジン型式 RB25DET 環境対策エンジン
種類 直列6気筒DOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 ターボ 燃料タンク容量 68リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 9.2km/L
総排気量 2498cc 燃費(WLTCモード)
燃費基準達成
最高出力 280ps 最大トルク/回転数
kg・m/rpm
34/3200

足回り Suspension & Tire & Brake

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
マルチリンク式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

205/55R16

205/55R16

ブレーキ形式

Vディスク式

Vディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました。
Extracted from Carsensor website.



2 件のコメント

  • 初代WC34の後期型、「25tRS FOUR V」に乗ってました。
    車重が重かったとは言え、高いボディ剛性と、280psをたたき出すRB25DETの組み合わせはすばらしかったです。
    スキー場の、ガラガラの駐車場でテールスライドさせて遊んだのが楽しい思い出です(よい子は絶対にマネしてはいけません)。

    • テールを滑らせるステージアはかっこいいですよね。
      あのルックスで地べた張り付いて加速する様は、いつ見ても只者では無い感じがして驚かされます。

  • ひろし にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です