『峠 [TOUGE]』 Vol.001 Ebino Skyline えびのスカイライン TOYOTA86

At a request from an overseas follower, I translate “TOUGE” to the English. This program has been previously aired on BS Nittele.
This time, it is the Volume 001 Ebino Skyline.

海外のフォロワーさんから要望があったので、トヨタが以前BS日テレで放送していた、『峠 [TOUGE]』の英訳を行います。
今回は、Volume 001 えびのスカイラインです。

 

 

 

Miyazaki Prefecture,  Ebino Skyline.
I drive the road around the mountains of Kirishima.

宮崎県 えびのスカイライン。霧島の山々を巡る道を走る。

 

The landscape where the 360 degree horizon spreads is not in this country.
There is a mountain at the end of the field of vision, and there is always a “TOUGE”.

360度、地平線が広がる景色なんてこの国にはない。視界の先には山があり、そこには必ず峠がある。

 

There is no reason to drive a “TOUGUE”. If drives there, the emotions grows naturally.

峠を走るのに理屈はいらない。走れば、そこに思いが付いてくる。

 

A long time ago, the gods who looked down at the lower world.
They found an island floating in the misty sea, and came down to the top.

はるか昔、ある日下界を見下ろした神々は、霧に煙る海に浮かぶ島を見つけ、その頂に降り立ったという。

 

That is the place of “Tenson Kourin (Advent from heaven)”, Kirishima(misty island).

それが、天孫降臨の地、霧島。

 

 

The Ebino skyline is a road that connects Kobayashi in Miyazaki Prefecture and the Ebino Plateau.
Straight lines, hairpins, climbs and descends, and you can enjoy various roads.

えびのスカイラインは、宮崎県の小林と、えびの高原を結ぶ道。
直線とヘアピン、登りと下り、様々な道が楽しめる。

 

 

Beyond the mountain called “Hell”, this road changes its expression into glaring.

「地獄」と呼ばれる山を超えると、この道は、その表情をガラリと変える。

 

The green world and the brown world. Stillness and tenseness.
The expressions that are supposed to be on both poles are connected flexibly here.

緑の世界と褐色の世界。静けさと激しさ。両極にあるはずのその表情が、ここではしなやかに繋がっている。

 

 

A place where God wrote the first step. Let’s start the journey with 86 from here.

神が第一歩を記した場所。ここから、86との旅を始めよう。

 

 

Special dish of salmon 001 ” Satsuma tin bowl “
峠の逸品 001 薩摩錫器

The pleasure of capturing 300 years of history in the palm of your hand.

300年の歴史を掌(たなごころ)に収める喜び。

 

Commentary 解説

“Ten Son Kourin (Advent from heaven)” is a theory of Japanese mythology, written in Japanese old history books “Kojiki”.
In Japanese mythology, all characters are gods, and values are very different from Christianity, Islam, Buddhism, etc.
So, it is very difficult to convey nuances. It is an event that “a god descended from heaven to governs Japan with the enthusiasm of Amaterasu(Supreme God).”

天孫降臨とは、日本の歴史書、古事記に書かれている、日本神話の一説です。
日本神話は登場人物が全て神であり、キリスト教やイスラム教、仏教などとは価値観が大きく異なります。
そのため非常にニュアンスを伝えるのが非常に難しいのですが、「一人の神が、天照大神の勅命を受けて、日本を治めるため天界から降り立った」という出来事です。

 

Kirishima’s “Takachihomine mountain” is became the stage of that.
A very important place in the formation of a country Japan.

その舞台となったのが霧島の、高千穂峰です。日本という国の成り立ちにおいて、とても重要な場所です。

 

Ebino skyline, with most of the road in the national park, runs along the Kirishima mountains.
It is a very enjoyable way, followed by fine corners.

えびのスカイラインは、道の大部分が国立公園の中にあり、霧島の山々を縦断するように走ります。
細かいコーナーが続く、非常に楽しい道です。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です