『峠 [TOUGE]』 Vol.002 Ibusuki Skyline 指宿スカイライン TOYOTA86

At a request from an overseas follower, I translate “TOUGE” to the English. This program has been previously aired on BS Nittele.
This time, it is the Volume 002 Ibusuki Skyline.

海外のフォロワーさんから要望があったので、トヨタが以前BS日テレで放送していた、『峠 [TOUGE]』の英訳を行います。
今回は、Volume 002 指宿スカイラインです。

 

 

 

Ibusuki skyline in Kagoshima prefecture.
Drive the road through the mountains of Satsuma Peninsula.

鹿児島県、指宿スカイライン。
薩摩半島の山並みを突き抜ける道を走る。

 

Cars are not creatures, and it is human beings to decide where to go.
But sometimes, there is a place to be taken to a car.

車は生き物じゃないし、行き先を決めるのも人間のはずだ。
でも時々、車に連れていかれる場所がある。

 

busuki Skyline is a road that extends along the ridge of Satsuma Peninsula.

指宿スカイラインは、薩摩半島の尾根伝いに伸びる道。

 

Smooth road surface, less traffic, sometimes tight winding.
What should I want more than this?

滑らかな路面、少ない交通量、時々現れるタイトなワインディング。
これ以上何を望んだらいい。

 

Chiran’s tea garden has been passed down since the remnants of “Heike” teached to cultivation method.

平家の落人が伝えて以来、面々と受け継がれてきた、知覧の茶畑。

 

“Chiran”, “Hayato”, “Ei”, “Ibusuki”.
The place name of Satsuma has a sound that is unfamiliar to our ear.

『知覧』、『隼人』、『頴娃』、『指宿』。
薩摩の地名には、どこか耳慣れない響きが潜んでいる。

 

Senganbira. TOUGE of south Satsuma.
I always think that I reach a TOUGE. Should I stop, or running through.

千貫平。南さつまの峠道。
峠に差し掛かるといつも思う。立ち止まるか、それとも駆け抜けるのか。

 

But I always run through. Why I do so?

なのにいつも駆け抜けてしまうのは、なぜだろう。

 

Chiringashima island at the entrance of the Kinkou Bay accepts and rejects people by the tide.

錦江湾の入り口にある知林ヶ島は、潮の満ち引きによって人を受け入れ、そして拒む。

 

Darkness and sound of tide.
Oh my buddy, You wanted to come to this place.

夜の帳(とばり)と潮騒。
そうか相棒、この場所に来たかったのか。

 

Special dish of [TOUGE] 002 ” Satsuma Kiriko (Grass) ”
峠の逸品 001 薩摩切子

The pride of Satsuma in the unique blur.

独特ぼかしの中にある、薩摩の誇り。

 

 

Commentary 解説

 

This time, I think that a lot of words that are not familiar to foreigners have come out, so I will explain.

今回、外国の方には耳慣れない言葉が多数出てきたと思うので、解説をはさみます。

 

Satsuma 薩摩

Satsuma is an old term of Kagoshima prefecture.
In Japan, when it is talk about the ancient craft or handicraft like the above-mentioned special dish, and when talking the temperament of a person born and raised in the area, it is sometimes used to use the old name of the region.

薩摩とは、鹿児島県の昔の呼び方です。
日本では上記の峠の逸品のような、昔からある工芸品や民芸品であったり、その土地で生まれ育った人の気質を語る際などに、その地方の昔の呼び名を使われることがあります。

 

Generally, people from Satsuma are often proud of their hometowns, and strong and tough.
People from Satsuma also played an active role in turning points from the Edo period to the Meiji period. That is an important turning point in Japanese history.

薩摩の人は一般的に、郷土への誇りが高く、強いものに屈しない、豪快といったイメージを持たれていることが多いです。
江戸時代から明治時代に変わる、日本の歴史上重要な転換点においても、薩摩出身の人物が活躍しました。

 

Heike 平家

About 1000 years ago, two major powers of warriors, Genji and Heike, fought in Japan.
The white flag is symbol of Genji, and the red flag is Heike.
Eventually, it is said that Genji won and the remnants of Heike fled to all over the Japanese outback.

1000年ほど前、日本は源氏と平家という、武士の2大勢力が争いました。
白旗が源氏、赤旗が平家のシンボルです。
最終的には源氏が勝利し、平家の残党が日本各地に逃げたと言われています。

 

Ibusuki district is also a place where the tradition remains.
The tea fields that came out in the video are also said to have been taught how to grow by the remnants of Heike.
Heike was Samurai warriors but also they had aristocratic culture.

指宿地方もその伝承が残る場所です。
ビデオに出てきた茶畑も、平家の残党が栽培方法を伝えたものだと言われています。
平家は武士でありつつも、貴族的な文化の素養を持ち合わせていました。

 

About Ibusuki 指宿について

Ibusuki Skyline has been driving once I used to be.
There was very little traffic, beautiful scenery, ups and downs, a good distance. I had a great drive.

指宿スカイラインは、私が昔一度運転したことがあります。とても交通量が少なく、美しい景色、アップダウン、十分な距離もあり、とても楽しくドライブできました。

 

And Ibusuki is located at the southernmost tip of mainland Japan.
There is famous for Hot spa(Onsen).

また指宿は日本本土の最南端に位置します。温泉で有名な街です。

Especially “Tamatebako Onsen”, in the south Ibusuki, is the best hot spring in Japan. I can affirm.
If you have a chance to visit Kagoshima, please visit there.

とくに南にある「たまて箱温泉」は、日本一の温泉です。断言できます。
もし鹿児島を訪れる機会があったら、ぜひご訪問を。

たまて箱温泉公式HP

Tamatebako Onsen Web site  English.

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です