トヨタ・ブレイド 不遇の280馬力プレミアムコンパクト Toyota-Blade


世界戦略車として発売されているオーリスの兄弟として開発された一台。
高級車の上質さを兼ね備え、アクティブな大人のためのハッチバック。いわゆる「小さな高級車」というコンセプトの車両です。

Blade has been developed as a brother of Auris, which is sold as a global strategic car.
A hatchback for active adults. A luxury car with the quality inside a small body. It is a vehicle with the concept of a so-called “small luxury car”.

 

追加の偏見 Additional info

最も信頼できる情報筋であるWikipediaの文章を引用すると、
To quote Wikipedia, the most reliable source of information,

遊び心を忘れないおしゃれな団塊の世代(2006年当時、60代前後のユーザー層)の上位車種からの乗り換え(ダウンサイジング)層をターゲットとした日本国内専用モデル。
子育てを終了した一部のポスト・ミニバンユーザー層もターゲットとし、スタイリング、室内空間、走行性能、それぞれを融合させた新しい上級車として新規提案された。

A model for exclusive use in Japan that targets the down-sizing class from the top models of the fashionable baby boomer generation (users in their 60s around 2006 at the time).
Targeting some post-minivan users who have finished raising their children, it was newly proposed as a new advanced car that combines styling, interior space, and driving performance.

と書かれていました。
It was written so.

 

ブレイドが発売された時期のトヨタは、プレミアムコンパクトという概念で市場を切り開こうと、10年くらいのスパンで色々頑張っていました。
もともと欧州車の専売特許だったカテゴリで、そこに食い込もうとトヨタも必死だったように思います。プログレ/ブレビスもそうですし、SAIなどもそれに当たるでしょう。

At the time Braid was released, Toyota worked hard in a span of about 10 years to open up the market with the concept of premium compact.
That category was originally like a monopoly patent for European cars, but Toyota was desperate to get into it. The same goes for Toyota Progress / Brevis, and SAI, etc.

 

実質的な後継となるレクサス・CTでその努力が結実するのですが、このブレイドはゴールに至るまでの苦難の歴史の一つです。

The effort comes to fruition with the successor Lexus CT, but this blade is one of the hardships to reach the goal.

 

アクティブな大人に対するトヨタの回答 Toyota’s response to active adults

注目すべきは、最上級グレードの「ブレイド・マスター」
マスターはマスターピース(最高傑作)から取られたとのこと。
端的に言えば、カローラのシャシーに  3.5L V6エンジンをぶち込み、280馬力でかっ飛んでくださいというメーカー純正チューニング。

Noteworthy is the highest grade “Blade Master”.
The master was taken from the “masterpiece”. To put it simply, a manufacturer’s genuine tuning that puts a 3.5L V6 engine into a Corolla chassis and flies away with 280 horsepower.

 

そこに当時新開発された「SPDSシステム」搭載の6速ATを投入。世界最速の変速スピードを実現するトランスミッションと、バイザッハ・アクスル型ダブルウィッシュボーン式サスペンション、横滑り装置も標準装備。

The 6-speed AT equipped with the newly developed “SPDS system” was introduced. A transmission that achieves the world’s fastest speed, a Visach axle double wishbone suspension, and a unti-skid system are also standard equipment.

 

1996 Toyota Supra ( JZA80 ) RZ 2

出来上がった車両はパワーウェイトレシオは5.25 kg/PS と、JZA80系スープラRZグレードと同等というハイパフォーマンス。
化け物だ。トヨタが考えるアクティブな大人ってそういうことなのか?

The finished vehicle has a power / weight ratio of 5.25 kg / PS, which is equivalent to the JZA80 Supra RZ grade.
It ’s a monster. Is that what Toyota thinks about an active adult?

 

売れたかどうかと言うと・・・ If it was sold or not …

全然売れなかった。
It didn’t sell at all.

 

ちょうど2代目プリウスが発売された時代で、世間の注目はエコカー真っ盛り。右も左もガソリン消費量のことばかり叫ばれ、スポーツカーなどが全く評価されていなかった時期です。
燃費がある意味今よりも重視されていた折に、プリミティブな2.4Lエンジンでは当然期待できる数値が出るわけもなく。
逆に国産ホットハッチを求めていた層には、高級さよりモアスポーツ・ライトウェイトを求められていました。
すごく中途半端な立ち位置になってしまっていたように思います。

In the era when the second-generation Prius was released, the attention for the ECO-Vehicle of the world was so great. It was a time when all people were screaming about Fuel consumption, and sports cars were not evaluated at all.
There is no reason why the primitive 2.4L engine will give the expected value when the fuel economy is more important than it is now.
On the other hand, those who wanted domestic hot hatches were asked for more sports / lightweight than luxury.
I think Blade was a very halfway standing position.

 

正直高級感の訴求も微妙。トヨタのデザインが2017年以降になって急速に垢抜けた現在とは異なり、かなりおっさん臭いと言うか、洗練されていないような印象を受けるものでした。アッパーボックスやメーターフードまでアルカンターラ張りにするなど、素材は頑張って華飾しているんだけど、なんかそうじゃないよね、というか。

Honestly, the appeal of luxury is also subtle. Unlike today, when Toyota’s design rapidly disappeared after 2017, it was a rather Old fashion or an impression that it was not refined.
The materials are brilliantly decorated with the Alcantara up to the upper box and meter hood, but that’s not the case I feel.

 

プログレもそうなんですが、「小さな高級車」というコンセプト自体が、世間にあまり評価されなかったようにも思います。
元々ちょっとひねくれていると言うか、メインストリームに登りづらい、そんな概念だと思う部分があります。

Toyota Progress is the same, but I think the concept of “small luxury cars” has not been highly evaluated.
I think it’s a concept that is a little twisted, and little hard to climb to the mainstream.

 

ダウンサイジング狙いは成功

この車、誰が買ったかと言うと、割と年配の方が多かったようです。先述の団塊の世代には刺さったようです。
今ほど高級車にまでハイブリッドなどの燃費改善技術が浸透しておらず、高級車=ある程度燃費が悪くて当然 という考え方が通用していました。
小型で扱いやすく、内装もまぁまぁ上質。顔もクラウンっぽい。
比較的裕福で、今乗っている車が大きすぎると感じる人達に売れました。

As for who bought this car, it seems that there were more elderly people. The Japanese baby boomer was interested.
Fuel economy improvement technologies such as hybrids have not yet penetrated into high-end cars. So the concept that high-end cars are of course somewhat poor in fuel efficiency and was accepted.
It is small and easy to handle, and the interior is OK. The face is also like a Toyota Crown.
It was sold to people who were relatively wealthy and felt that the car they were riding on was too big.

 

ただそんな需要ってたくさんあるかと言うと、もちろんそんな事なく。。。
必要分が行き渡ったら、需要は低迷しました。販売終了直前では、月100台売れないことも多々有ったとか。。

Of course, there are not so many such demands. . .
Demand was sluggish once the necessary amount was delivered.
Just before the end of sales, there were many cases where 100 units could not be sold per month. .

 

高級で売ってしまったがゆえの悩み


こんなリプが有ったんですが、それでも売れないと思います。これはかなりの確率で。
ブレイドはプレミアムコンパクトハッチバックとして売り出したストーリーがあるからです。
車はスペックだけで売るものではなく、車が持つ固有のストーリーがセットです。背景とか、登場までの経緯とか、開発者の思いとか。装備だけでも売れないし、その車が持つお話だけでも売れません。両者が噛み合う必要があります。

I had such a reply, but I still can’t sell it. This is quite a probability.
Because Blade has a story for sale as a “premium compact hatchback”.
Cars aren’t sold only by specs, but a set of cars’ unique stories. The background, the process until the appearance, the thought of the developer. Car can’t sell just the equipment, and also can’t sell just the story of the car. Both need to mesh.

 

2006年当時の大衆車カローラにV6エンジンを載せても、「何したいの?」と言われるのが関の山。だから「高級車」という価値観を練り込んだブレイドを作ったわけで。
ここに6MTや高性能4WDシステムなどを入れ込んだとしても、車の成り立ちとのミスマッチが発生して、ワケガワカラナイ車が出来上がったと思います。
例えば売れない車は、車高が上がったり下がったりすることがよくありますが、結局そういう事をやって大きく改善した事例は見たことが有りません。

トヨタはそこに市場はないと踏んだのでしょう。というかそこで戦ってもランエボに勝てないし、買ったところで旨味もない。
だからこそ、純粋なスポーツグレードを出さなかったのだと思います。

Even if a V6 engine was mounted on a popular car Corolla at the time of 2006, it must be said  “What do you want to do?”
That’s why Toyota created a blade that incorporates the value of a “luxury car”.
Even if a 6MT and a high-performance 4WD system is installed it, there will be a mismatch with the formation of the car, and the strange car will be completed.
And I saw many cars that don’t sell, it often Vehicle height go up and down. But I haven’t seen any examples of it turn the salles become good with that approach.

Toyota would have thought that there was no market there. Rather, even if Toyota fought there category, they can’t beat Mitsubishi EVO, and it hard to make profit.
So that’s why they didn’t get a pure sport grade.

 

TVCF

井上陽水を使ったキザなCMが印象に残っています。
Affected TVCF using a Yosui Inoue(Japanese famous singer) song remains in the impression.

 

まとめ

「日本的な新しい高級車像」を具現化しようと頑張って見たけれど、市場には理解されませんでした。
ゴルフR32とかVR6などのハイパフォーマンスモデルの対抗馬として作っていれば、もう少し需要が有ったかもしれません。
また2019年の今は、ダウンサイジングターボや電動化の技術が進んでいるため、ブレイドが狙っていた「上質さ」「高級感とパワーの両立」などは表現しやすい状況にあると思います。

Toyota tried hard to embody the “new Japanese luxury car image” but it was not understood by the market.
If it was made to compete with high performance models such as VW Golf R32 or VR6, there might have been a little more demand.
Also, in 2019, downsizing turbo and electrification technologies are advancing, so I think it is easy to express the “quality” and “a balance between luxury and power” that Blade aimed for.

 

国内には直接的な競合車両が居なくて、とある雑誌ではアクセラスポーツなんかと並べられていたのが、この車の不遇さを端的に表していると思います。
実験的な車両というには力入っていたように思うんですよね。ここまで売れなかったのは、トヨタからしてみたら思わぬ誤算だったのかも。

There is no direct competing vehicle in Japan, and a certain magazine was lined up with Axela Sport. I think that this represents the unlucky of Blade.
Toyota had powerful advertising for this. The salles result was too bad and it may be an unexpected miscalculation from Toyota.

 

ちなみにブレイドマスターは100万円以下で上質車が買えます。燃費と税金とで維持費高いですが、手軽に280馬力を味わえる良い車ではないかと思います。

By the way, you can buy a high-quality Blade Master at under 1 million yen. Maintenance costs are high due to fuel consumption and taxes, but I think that it is a good car that can easily enjoy 280 horsepower.

 

 

基本性能

Specification(3.5 マスター G)

基本性能 Basic performance

型式 DBA-GRE156H 最小回転半径 5.5m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.26m×1.76m×1.52m
ドア数 5 ホイールベース 2.6m
ミッション 6AT 前トレッド/後トレッド 1.52m/1.51m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 1.99m×1.48m×1.25m
4WS 車両重量 1480kg
シート列数 2 最大積載量 -kg
乗車定員 5名 車両総重量 1755kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 0.14m
マニュアルモード
標準色

ブラックマイカ、ジンジャーレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカ、シルバーメタリック、ダークグリーンマイカ

オプション色

ディープゴールドパールクリスタルシャイン、ホワイトパールクリスタルシャイン

エンジン Engine

エンジン型式 2GR-FE 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆
種類 V型6気筒DOHC 使用燃料 ハイオク
過給器 燃料タンク容量 60リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 10.2km/L
総排気量 3456cc 燃費(WLTCモード)
燃費基準達成
最高出力 280ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
344(35.1)/4700

足回りSuspension & Tire & Brake

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
ダブルウィッシュボーン
高性能サスペンション

タイヤサイズ

225/45R17

225/45R17

ブレーキ形式

Vディスク式

ディスク式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました
Extracted from Carsensor website.

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です