トヨタ・ウィッシュ みんなの願いを叶えた車 Toyota Wish

ホンダファンからは相当評判が悪い一台として有名です。
というのも、トヨタ自身は否定しているものの、2000年から販売されていたホンダ・ストリームを徹底研究し、後追い販売してストリームを市場から撤退させた車、とも見れる一台だからです。

It is famous as one with a bad reputation from Honda fans.
This is because it can be seen as a car that thoroughly researched the Honda Stream, and later sold the Stream out of the market. —-Toyota denies itself.

 

追加の偏見 Additional info.

もともとストリームは、日本の5ナンバーサイズで7人乗れる5ドアのミニバンという、それまでに無かったコンセプト。
市場のニーズともマッチして、大ヒットしました。そこにトヨタが目をつけたわけです。

Originally, Stream is a Japanese 5-number size 5-door minivan that can ride 7 people. A concept that never existed before.
It matched with the needs of the market and was a big hit. That’s why Toyota turned their eyes.

 

チャレンジ精神を武器に勇気を持って見つけた市場を、後から大資本でつぶしにかかる手法。これは日本人の感性からして、あまりいい気持ちを持てないのは理解できるところです。ツイートに書いているように、車両のコンセプトはおろか、車両の寸法まで同じにするほど、トヨタの研究は徹底していました。まぁそれだけストリームが、制約の中でのベストな寸法を抑えていたのでしょう。それだけ優秀な車だった裏返しかもしれません。

A technique that uses a large amount of capital to destroy a market that has been found with courage through the spirit of challenge. I understand that this is a way of feeling uncomfortable from the Japanese sensibility.

As written in the tweet, Toyota’s research was thorough enough to keep the vehicle concept and even the vehicle dimensions the same. I think that it is the result the stream could had been realized the best dimensions within the constraints.

 

後発だったウィッシュは車としての出来は非常に良いものでした。
ストリームの弱点部分を徹底研究し、シートの作り、車両の剛性感、ユーティリティ、そして外観デザインに至るまで、細かいところをチューニングしていました。

Wish released later. The result as a car was very good.
We thoroughly studied the weak points of the Stream and tuned every detail from seat making, vehicle stiffness, utility and exterior design.

 

エンジンも1.8Lグレードは名機として名高い1ZZ搭載。軽量なアルミブロックエンジンで、MR-Sやロータス・エリーゼにも搭載されたもの。実用面の使い勝手もさることながら、加速性もなかなかのもの。

The engine is equipped with 1ZZ, which is famous for the 1.8L grade. A lightweight aluminum block engine that is also installed in MR-S and Lotus Elise. In addition to ease of use in practical use, acceleration is also quite good.

 

この関係性はストリームが2代目に代替わりしてからも同じで、ウィッシュのモデルチェンジもストリームの後。
ライバルと比較して、市場の反応を見ながら製品を熟成させたものを送り出すことができました。
結果的にロングセラーとなり、5ドアミニバンの市場がなくなるまで、2世代で15年以上に渡って販売されました。

This relationship is the same even after the stream was replaced by the second generation, and the wish model change was after the stream.
Compared to rivals, TOYOTA was able to send out products that matured while observing market reactions.
As a result, it became a long seller. It was sold for over 15 years in 2 generations until the 5-door minivan market disappeared.

 

 

こういう他の車が見つけた市場に対し、後から徹底的にリソースを注ぎ込むみ勝ち抜くのは、良くも悪くもトヨタだからできる事だと思います。
感情的な部分は色々あれど、より良い商品を世間に送り出すという使命を達成するための、企業が取りうる戦略の一つだと思います。

I think Toyota can beat others by thoroughly investing resources in the markets that these other cars have found. It is better or worse.
I have a lot of emotional parts, but I think it is one of the strategies that companies can take to achieve their mission of delivering better products to the world.

 

海外での人気 At oversea

https://tricolore5.exblog.jp/18136808/

ウィッシュはアジア圏もかなりたくさん販売されました。

ちなみに台湾ではタクシーとしての需要が多く、初代、そして2代目ともにたくさん走っていたようです。
トミカでも台湾タクシーが限定版としてラインナップされています。

Wish was sold quite a lot in Asia.
By the way, there is a lot of demand for taxis in Taiwan, and it seems that the first and second generation Wish ran a lot.
And TOMICA has been sold this Taiwan taxi ver Wish as a limited.

 

 

TVCF

宇多田ヒカルが使われていました。

 

私の体験談 My experiences

大学生の時に、この車をレンタルしたことがあります。卒業旅行だったかな。
I rented this car when I was a college student.I think it was a graduation trip.

3列目まで使った5人乗車で南九州を走りました。指宿スカイラインも快走しました。楽しかったです。5人分の荷物も乗り、運転したときは意外としっかり走った記憶があります。
We drove south Kyushu with a five-seater ride that used up to the third row. I also enjoyed driving the Ibusuki Skyline. It was fun.
At that time, I was able to carry enough luggage for five people in this car. I remember that Wish’s drive feeling was unexpectedly good when I drove.

 

 

今調べてみたら、ウイッシュはとても格安です。
ジャンルとして市場での人気がなく、走行距離5万キロ位の車でも40万円台で売ってます。とはいえ初代でも後期モデルは10年落ち程度ですからね。そんなに古くないです。
市場流通量は多いので、選んで買えます。
荷物も載る上に、燃費も良いです。15km/Lは普通に出ます。

If you examine it now, the Wish is very cheap.
A category car that is not currently popular in the market. Even cars with a mileage of around 50,000 km sell for 400,000 yen. However, even in the first generation, late models are about 10 years old. It ’s not so old.
There is a lot of market distribution, so you can choose and buy.
In addition to good for loading luggage, fuel efficiency is also good. 15km / L is normal.

 


5ナンバーサイズでの多人数乗り車として考えた時、完成度が高い車だと思います。絶対スポーツカーを選びたい!というわけでは無ければおすすめの一台です。
think that it is a car with a high degree of perfection when it is considered as a multi-seater car with 5 number size.
If you not  think that “I want to choose an absolute sports car!”, it is recommended one.

 

指宿スカイラインについて Abou Ibusuki Skyline

ちなみに指宿スカイラインは、以前私が86のスペシャルコンテンツを翻訳した時の記事があります。参考にリンクを張っておきます。
By the way, I has been translated an article of Ibusuki Skyline about TOYOTA 86 special contents. I’ll link to you for reference.

 

『峠 [TOUGE]』 Vol.002 Ibusuki Skyline 指宿スカイライン TOYOTA86

 

基本性能 Basic performance

型式 DBA-ZNE10G 最小回転半径 5.3m
駆動方式 FF 全長×全幅×全高 4.56m×1.7m×1.59m
ドア数 5 ホイールベース 2.75m
ミッション 4AT 前トレッド/後トレッド 1.48m/1.47m
AI-SHIFT 室内(全長×全幅×全高) 2.67m×1.46m×1.31m
4WS 車両重量 1300kg
シート列数 3 最大積載量 -kg
乗車定員 7名 車両総重量 1685kg
ミッション位置 インパネ 最低地上高 -m
マニュアルモード
標準色

シルバーマイカメタリック、スーパーレッドV、スーパーホワイトII、ブラックマイカ、ダークブルーマイカメタリック、ライトブルーメタリック、ホワイトパールクリスタルシャイン、ダークグレーマイカメタリック、ゴールドメタリック

エンジン Engine

エンジン型式 1ZZ-FE 環境対策エンジン H17年基準 ☆☆☆☆
種類 直列4気筒DOHC 使用燃料 レギュラー
過給器 燃料タンク容量 60リットル
可変気筒装置 燃費(10.15モード) 14.4km/L
総排気量 1794cc 燃費(WLTCモード)
燃費基準達成 H22年度燃費基準
+5%達成車
最高出力 132ps 最大トルク/回転数
n・m(kg・m)/rpm
170(17.3)/4200

足回り Suspension & Tire

ステアリング 位置
ステアリングギア方式 パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング
VGS/VGRS
サスペンション形式 ストラット式
トーションビーム式
高性能サスペンション

タイヤサイズ

195/65R15

195/65R15

ブレーキ形式

Vディスク式

ドラム式

 

主要諸元は、カーセンサー様から引用させていただきました
Extract from Carsensor web site.

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です